« ウナギの完全養殖、実用化へ 「餌の謎解明」幼生の9割生育 | トップページ | 乳がんを一目で突き止める『スーパーレントゲン』 »

2013年8月 4日 (日)

心筋梗塞抑制の新手法を発見

平 成 25 年 7 月 31 日
岡 山 大 学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 これまでの心筋梗塞の治療薬は、心臓の
細胞のミトコンドリアにある KATP イオン
チャネル(アデノシン 3リン酸
感受性カリウムチャネル)と呼ばれる
タンパク質を活性化させるものが主流の中、
本学大学院医歯薬学総合研究科の高橋賢
助教と成瀬恵治教授らの研究グループは、
心臓細胞の別のイオンチャネル TRPM4
(一過性受容器電位チャネル
サブタイプ M4)を阻害薬で不活性化させる
と、心筋梗塞の進行を抑えられることを、
ラットを使った実験によって明らかに
しました。
 
 また、この心筋梗塞の抑制効果は、
KATPイオンチャネルを不活性化して
おいても認められました。
 
 本研究成果は 2013年 7月 25日、
米科学誌『PLoS One』に掲載されました。
---------------------------------------
 
>心筋梗塞との併発が多い心不全や
>糖尿病などの病気ではミトコンドリアの
>機能が低下しているため、
>ミトコンドリア KATP イオンチャネルを
>必要としない TRPM4 阻害薬は心筋梗塞
>の新しい予防・治療法となる可能性が
>あります。
 
 なかなか良さそうですね。

|

« ウナギの完全養殖、実用化へ 「餌の謎解明」幼生の9割生育 | トップページ | 乳がんを一目で突き止める『スーパーレントゲン』 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57925214

この記事へのトラックバック一覧です: 心筋梗塞抑制の新手法を発見:

« ウナギの完全養殖、実用化へ 「餌の謎解明」幼生の9割生育 | トップページ | 乳がんを一目で突き止める『スーパーレントゲン』 »