« 世界最高性能の量子ドットもつれ光子源の開発 | トップページ | 植物で発見された動物の神経伝達調節因子はどのような機能をもつか »

2013年7月31日 (水)

ただのホワイトニングはもう古い!? 今は、「再生医療」で歯を白くする時代!

2013/07/28 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 素敵な笑顔ですね。
 でもあなたの歯、何色ですか?
 なんだか黄色くありませんか―?
 
 けれど、いざ歯を白くしようと思い
立っても、その解決策はなかなか思い
浮かばないものです。
 
 歯医者でのホワイトニングはかなり
お値段が張りますし、それに、研磨剤で
歯を削ったり、漂白剤で歯を白くしたり
するようなホワイトニングに対して抵抗
のある方も多いのではないかと思います。
 
 そんな方に是非ともオススメしたい
のが、「ポリリンホワイト」。
 
 これは、漂白剤や研磨剤とはまったく
違う、「再生医療」の研究から誕生した
商品。
 
 この商品には、「ポリリン酸」という
成分が配合されているのですが、
これは、なんと骨や歯のもとになっている
ミネラルが鎖状になった成分なのです。
 
 いってみれば歯そのもの。
 ですから、「ポリリンホワイト」を
使うと、汚くなってしまった歯を本来の
歯の白さへよみがえらせるだけでなく、
歯そのものが強くなるのです。
 
 それにより、虫歯や歯周病といった歯の
病気への効果も期待できるのです。
 
 あまり耳のなじみがないかも
しれませんが「ポリリン酸」という成分
は、ノーベル生理学・医学賞を受賞した
アーサー・コーンバーク博士により研究
されていたもので、その後、日本の
柴肇一医学博士がその研究を受け継いだ
結果、「ポリリンホワイト」ができた
のです。
 
 いつもの歯ブラシに、液体になっている
「ポリリンホワイト」をつけて、歯を磨く
だけなので、使い方もとっても簡単。
 
 殺菌作用のある天然ブルガリアンローズ
が使われており、これで磨くと口の中が
すっきりとした爽やかな仕上がりになる
ので、もう口臭の心配もありません!
 
 そんな「ポリリンホワイト」、なんと、
売り上げ累計100万本突破中だとか!
---------------------------------------
 
 よくあるどこかの宣伝ですね。
 
 本当なんでしょうか?
 
 ご参考です。
 
 こんな話しがありました。
 ということで、よく調べて、自分の判断
でどうぞ、
 
 学会発表とか見たことある人います?

|

« 世界最高性能の量子ドットもつれ光子源の開発 | トップページ | 植物で発見された動物の神経伝達調節因子はどのような機能をもつか »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ただのホワイトニングはもう古い!? 今は、「再生医療」で歯を白くする時代!:

« 世界最高性能の量子ドットもつれ光子源の開発 | トップページ | 植物で発見された動物の神経伝達調節因子はどのような機能をもつか »