« ラン藻が作るバイオプラスチックの増産に成功 | トップページ | 実験用のラットやマウスの世話を自動化するロボット »

2013年7月17日 (水)

パーキンソン病:一酸化窒素が緩和か 奈良医大など解明

2013年07月16日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 奈良県立医大などの研究グループが、
血液中の一酸化窒素(NO)に、
パーキンソン病の原因とされる神経細胞の
異常を防ぐ作用があることを世界で初めて
解明した。
 
 英科学雑誌
「サイエンティフィックリポーツ」
(電子版)に16日掲載された。
---------------------------------------
 
 いろいろありますね。
 
>研究グループの小沢健太郎・
>奈良県立医大准教授(薬理学)は
>「NOを用いてパーキンソン病の症状を
>緩和できると考えている」と話している。
 
 期待しましょう。

|

« ラン藻が作るバイオプラスチックの増産に成功 | トップページ | 実験用のラットやマウスの世話を自動化するロボット »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57809399

この記事へのトラックバック一覧です: パーキンソン病:一酸化窒素が緩和か 奈良医大など解明:

« ラン藻が作るバイオプラスチックの増産に成功 | トップページ | 実験用のラットやマウスの世話を自動化するロボット »