« がんを標的する抗体医薬の耐性因子を解明 | トップページ | 細胞1個の遺伝子発現を網羅的に定量化する「Quartz-Seq法」を開発 »

2013年7月28日 (日)

高脂血症治療薬の新作用発見

2013 年 7 月 25 日
東北大学大学院医学系研究科
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 高脂血症の代表的治療薬である
スタチン注1は、心筋梗塞など心血管病の
治療や予防に有効であり、世界中で
約3000万人の人が服用しています。
 
 近年、スタチンがコレステロールを
低下させる作用以外にも心血管病の予防
効果を有することが明らかとなり、
「多面的作用」として注目されています。
 
 このたび、東北大学大学院医学系研究科
循環器内科学分野の下川教授らの
研究グループは、その分子機序として
Small GTP-Binding Protein Dissociation
Stimulator(SmgGDS 注2,
スマッグジーディーエス)という分子が
中心的な役割を果たしていることを世界に
先駆けて発見しました。
 
 この研究成果は、SmgGDSを増加させ
心血管病を改善する新たな薬剤の開発や、
心血管病を予測するマーカーの開発に
つながる可能性があります。
---------------------------------------
 
>スタチンの「多面的作用」
 ね~。
 
>スタチンの心血管病予防・治療効果
>において、SmgGDSを介した活性酸素種
>の制御が中心的な役割を果たすことが
>明らかとなりました(図 2)。
 
>本研究成果は、SmgGDSを増加させる
>薬剤の開発や、SmgGDSの測定による
>心血管病の予測など、多くの臨床応用
>が期待されます。
 
 期待しましょう。

|

« がんを標的する抗体医薬の耐性因子を解明 | トップページ | 細胞1個の遺伝子発現を網羅的に定量化する「Quartz-Seq法」を開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57880339

この記事へのトラックバック一覧です: 高脂血症治療薬の新作用発見:

« がんを標的する抗体医薬の耐性因子を解明 | トップページ | 細胞1個の遺伝子発現を網羅的に定量化する「Quartz-Seq法」を開発 »