« 初期化の成熟がiPS細胞作製を阻害する大きな要因 - 京大 山中教授らが確認 | トップページ | 食糧使わないバイオ燃料量産へ VBの触媒技術が道開く »

2013年7月16日 (火)

移植せず心筋再生、ヒト細胞でも 慶大チーム、試験管内で確認 五つの遺伝子を注入

2013年7月16日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 心臓の心筋以外の細胞に五つの遺伝子
を入れて、拍動する心筋細胞に変えること
に、慶応大の家田真樹特任講師らが人で
成功した。
 
 作製効率や安全性を高めて、心筋梗塞
(こうそく)などでダメージを受けた
心筋を補う治療法の開発につなげたい
という。
 
 今週の米科学アカデミー紀要に発表
する。
---------------------------------------
 
 試験管レベルですから、まだまだ
先の話しになると思いますが、
可能性を感じます。
 
 期待したい。
 こういう挑戦もありですね。
 
 参考記事です。
約1年前ですね。
2012年8月29日
 
 こちらの記事の方が詳しいです。
2013年7月16日
 
 研究報告です。
平成25年7月16日
科学技術振興機構(JST)
慶應義塾大学 医学部
 

|

« 初期化の成熟がiPS細胞作製を阻害する大きな要因 - 京大 山中教授らが確認 | トップページ | 食糧使わないバイオ燃料量産へ VBの触媒技術が道開く »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57803012

この記事へのトラックバック一覧です: 移植せず心筋再生、ヒト細胞でも 慶大チーム、試験管内で確認 五つの遺伝子を注入:

« 初期化の成熟がiPS細胞作製を阻害する大きな要因 - 京大 山中教授らが確認 | トップページ | 食糧使わないバイオ燃料量産へ VBの触媒技術が道開く »