« レアメタルの探査権獲得=南鳥島沖の公海-経産省 | トップページ | 小児線維筋痛症が、コエンザイムQ10の欠乏で起こることを発見/東京工科大学 »

2013年7月22日 (月)

炊飯器の技術…世界初、砂漠で農業「魔法の砂」

2013年7月19日  読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 パナソニックと京都大学は、水をはじく
特殊な処理をした砂を使い、雨が少ない
乾燥地帯でも農業ができる世界初の技術
を開発した。
 
 炊飯器の内釜などを表面加工する技術を
応用し、水は通さずに空気だけを通す砂の
層を作ることに成功した。
 
 地面に染みこんだ雨水を回収して再利用
できるほか、塩分を含んだ地下水の土壌
への浸入も防げるという。
 
 農作物の栽培が難しい乾燥地域での
農園造成サービスなどを提供する計画で、
2016年度の事業化を目指す。
---------------------------------------
 
 炊飯器の技術ね~ 「魔法の砂」。
 
 思わぬ応用があるものです。
 
 うまく事業化出来ると良いですね。

|

« レアメタルの探査権獲得=南鳥島沖の公海-経産省 | トップページ | 小児線維筋痛症が、コエンザイムQ10の欠乏で起こることを発見/東京工科大学 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57842797

この記事へのトラックバック一覧です: 炊飯器の技術…世界初、砂漠で農業「魔法の砂」:

« レアメタルの探査権獲得=南鳥島沖の公海-経産省 | トップページ | 小児線維筋痛症が、コエンザイムQ10の欠乏で起こることを発見/東京工科大学 »