« 炎症応答を制御する新たな分子を同定 | トップページ | 胚発生過程と化石記録から解き明かされたカメの甲羅の初期進化 »

2013年7月10日 (水)

乳がん細胞の逃亡を抑制する遺伝子を発見―新たな乳がん治療薬・抗がん剤の開発に期待

2013年7月4日
大阪大学研究成果リリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学大学院歯学研究科薬理学教室の
佐伯万騎男講師らの研究グループは、
2006年に発見していた遺伝子「Monad」に、
乳がんにおける原発巣のがん細胞が直接に
周囲の組織や臓器に広がっていく「浸潤」
を抑制する機能があることを発見しました。
 
 これは、大阪大学医学系研究科外科学講座
(乳腺・内分泌外科学)、トロント大学との
共同研究による成果です。
 
 研究チームが発見していたMonadを浸潤力
の強い乳がん細胞に発現させると乳がん細胞
の浸潤力が失われました。
 
 また乳がんがリンパ節に転移した患者
では、Monadの発現が低下していることも
わかりました。
 
 今回の研究成果から、Monadの発現を
高めるような薬を開発することができれば、
乳がんの浸潤転移を抑制できることが
考えられ、予後が悪い乳がんの新しい
治療薬になる可能性があります。
 
 本研究成果は7月3日付けで米科学誌
プロスワン電子版に掲載されます。
---------------------------------------
 
 がんの転移を防ぐ手段として、がん幹細胞
に焦点が当たっていますが、こんなことも
あるんですね。
 
>乳がん細胞が自ら作り出し、浸潤を
>引き起こす蛋白質の分解にMonadが
>関与していることがわかりました。
 とのことです。
 
 思わぬ効果と言って良いのかな?
 
 期待したい。

|

« 炎症応答を制御する新たな分子を同定 | トップページ | 胚発生過程と化石記録から解き明かされたカメの甲羅の初期進化 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57762855

この記事へのトラックバック一覧です: 乳がん細胞の逃亡を抑制する遺伝子を発見―新たな乳がん治療薬・抗がん剤の開発に期待:

« 炎症応答を制御する新たな分子を同定 | トップページ | 胚発生過程と化石記録から解き明かされたカメの甲羅の初期進化 »