« 除染予算、6割使われず 国が東電に配慮、市町村に制約 | トップページ | エンジンの熱効率を従来の倍に向上させる新理論 »

2013年7月12日 (金)

南側井戸で高濃度検出、汚染拡大…福島第一原発

2013年7月12日  読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京電力は12日、福島第一原発
3、4号機近くの井戸で採取した水から、
ストロンチウム90などベータ線を出す
放射性物質を1リットルあたり
1400ベクレル検出したと発表した。
 
 この井戸での濃度としては、昨年12月
の測定開始以来、最も高い。
 
 これまでは主に1、2号機周辺の井戸で
高濃度の放射性物質が検出され、東電は
2号機近くの配管用トンネルを汚染源と
推定している。
 
 しかし、今回の井戸はトンネルから南に
約200メートル離れており、地下水の
汚染の拡大を示す。
---------------------------------------
 
 何をしているのでしょう?
 
 原因追及はあらゆる可能性を排除せず!
 
 と言うのが常識のはずなのに勝手な
推測をする。
 
 こんな東電に任せておいて良いんですか?
 
 政治家達は、国民の安全をどう考えて
いるのかな?
 目先の選挙の事ばかりですか?

|

« 除染予算、6割使われず 国が東電に配慮、市町村に制約 | トップページ | エンジンの熱効率を従来の倍に向上させる新理論 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57775617

この記事へのトラックバック一覧です: 南側井戸で高濃度検出、汚染拡大…福島第一原発:

« 除染予算、6割使われず 国が東電に配慮、市町村に制約 | トップページ | エンジンの熱効率を従来の倍に向上させる新理論 »