« 肉眼では見えにくいステルスコードによる製品管理システム | トップページ | 鉄を用いた安価で効率のよい水素化触媒を開発 »

2013年7月 2日 (火)

文字検索の消費電力、1/100に削減

2013年6月12日
サイエンスポータル編集ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学省エネルギー・スピントロ
ニクス集積化システムセンターと
日本電気は、電子のもつ「電荷」と自転
による微小な磁石としての性質「スピン」
を利用する技術(スピントロニクス)によって
文字検索用の論理集積回路を試作し、従来の
文字検索処理に比べ、消費電力を1/100に
削減できたことを発表した。
 
 スピントロニクスを用いた論理集積回路
では、磁石の反転を演算結果データの記憶
に利用するので、電源を切ってもデータが
消えない性質(不揮発性)をもつ。
 
 このため、さまざまな電子機器の
待機電力をゼロにできる省電力化技術
として注目されている。
 
 研究グループもこれまで、この技術を
用いた汎用検索集積回路(TCAM)や画像処理
プロセッサなどを試作し、動作実証を
行ってきた。
 
 今回試作した文字検索用の論理集積回路
では、要素回路として「多機能CAMセル」を
開発し採用した。
 
 同セルは、電源を切るとデータが消える
DRAMなどの記憶素子を使わない不揮発性の
論理集積回路であり、現在の検索処理で
行われているDRAMとCPU間のデータ転送を
無くすことで高速処理を実現させ、
データ転送に使う消費電力も無くすことが
できた。
 
 こうした省電力に特化した多機能CAMセル
の採用で、検索用論理集積回路では必要な
回路のみが動作し、大幅な電力削減に
つながった。
 
 動作の実証実験では、32文字までの
索引語を4000語(1メガバイト)まで記憶
できる集積回路チップを用いて検索した
ところ、動作電力が25.7 mW、待機電力が
ほぼゼロに抑えられた。
 
 研究グループは「素子技術が進展し、
ギガビット級のスピントロニクス論理
集積回路が実現できるようになると、
実用化への道が拓かれる」と述べている。
---------------------------------------
 
 スピントロニクスもいよいよ試作段階
に入りましたね。
 
 期待がもてそうです。
 
 まずはメモリがスピントロニクスデバイス
に置き換わって行くのでしょうか?
 

|

« 肉眼では見えにくいステルスコードによる製品管理システム | トップページ | 鉄を用いた安価で効率のよい水素化触媒を開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57710082

この記事へのトラックバック一覧です: 文字検索の消費電力、1/100に削減:

« 肉眼では見えにくいステルスコードによる製品管理システム | トップページ | 鉄を用いた安価で効率のよい水素化触媒を開発 »