« 古賀茂明「日本再生に挑む」 | トップページ | (社説)プルサーマル なし崩しは許されない »

2013年6月18日 (火)

皮膚色素細胞の脳内移植でパーキンソン病モデルの症状改善

平成25年6月13日
岡 山 大 学 プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科
神経情報学分野の浅沼幹人准教授,
宮﨑育子助教らの研究グループは,
チロシナーゼというメラニン色素を生成
する酵素をもつ
皮膚色素細胞(メラノサイト)を
パーキンソン病モデル動物の脳内に
細胞移植することで,変性している
ドパミン神経細胞に代わってドパミンが
産生,放出され,パーキンソン病モデルの
異常運動症状が長期にわたって安定して
改善できることを初めて見出しました。
 
 胎児脳や幹細胞の移植治療が抱える問題
を回避できる自家移植による治療に
つながると期待されます。
 
 本研究成果は平成 25 年 6 月 13 日、
オンライン科学誌『PLOS ONE』に掲載
されました(米
国東部標準時 6 月 12 日 17 時)。
---------------------------------------
 
 意外ですね。
 
 どこからこういう発想が出て来たので
しょうか?
 
>胎児脳や幹細胞の移植治療が抱える問題
>を回避できる自家移植による治療に
>つながると期待されます。
 
 期待したいです。

|

« 古賀茂明「日本再生に挑む」 | トップページ | (社説)プルサーマル なし崩しは許されない »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57616265

この記事へのトラックバック一覧です: 皮膚色素細胞の脳内移植でパーキンソン病モデルの症状改善:

« 古賀茂明「日本再生に挑む」 | トップページ | (社説)プルサーマル なし崩しは許されない »