« 体内分解されず免疫強化 コレラ菌由来の核酸化合物 | トップページ | 「世界初、タンパク質修復に新たな分子内運動を発見」 »

2013年6月 1日 (土)

カーボンナノチューブ、狙い通りのサイズに合成

2013年5月27日  読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 炭素でできた筒状の物質
「カーボンナノチューブ」を、狙った通り
のサイズにできる新しい合成法を開発した
と、名古屋大学の伊丹健一郎教授らが、
27日付の科学誌
ネイチャー・ケミストリー電子版で発表
する。
 
 リングは狙った直径で作ることができる
ため、実験で、
直径0・8~2・5ナノ・メートル
(ナノは10億分の1)のチューブを
作り分けることに成功した。
---------------------------------------
 
 素晴らしいですね。
 
 まずは次世代の半導体製造などへの応用
が出てくるのでしょうか?
 
 いろいろ応用があると思うので期待
したい。

|

« 体内分解されず免疫強化 コレラ菌由来の核酸化合物 | トップページ | 「世界初、タンパク質修復に新たな分子内運動を発見」 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57501175

この記事へのトラックバック一覧です: カーボンナノチューブ、狙い通りのサイズに合成:

« 体内分解されず免疫強化 コレラ菌由来の核酸化合物 | トップページ | 「世界初、タンパク質修復に新たな分子内運動を発見」 »