« 氷の融解が始まる“きっかけ”を分子レベルで解明することに成功 | トップページ | 日本発の研究論文「質量ともに低下」…科技白書 »

2013年6月27日 (木)

強度と導電性を兼ね備えた生体適合性材料の作製に成功

平成25年6月24日
東北大学
原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学原子分子材料科学高等研究機構
(AIMR)のラモン・アスコン助教、
アハディアン助手、カデムホッセイニ
主任研究者、末永主任研究者らの
グループは、東北大学大学院工学研究科、
大学院環境科学研究科、物質・材料研究
機構、ハーバード大学などと共同で、
生体組織工学に必要不可欠な生体適合性
材料の強度と導電性の大幅な改良に成功
しました。
 
 親水性ゲルとカーボンナノチューブの
ハイブリッド材料を使用し、
カーボンナノチューブを一方向に並べる
ことで実現しました(図 1)。
 
 さらに、改良した材料を使って培養した
筋肉組織(図 2)が、従来より効率的に
収縮弛緩することを示しました。
 
 この技術を用いて、再生医療に必要な
臓器や組織作製が期待されます。
 
 上記の研究成果は、2013 年 6 月 25 日
(ヨーロッパ現地時間)に
Advanced Materialsオンライン版に掲載
されます。
---------------------------------------
 
 再生医療と言ってもまだまだ臓器の
ような生体組織を作ることは出来ません。
 
 多くの壁が存在します。
 
 今回の研究で、さらに再生医療が進む
よう期待したい。

|

« 氷の融解が始まる“きっかけ”を分子レベルで解明することに成功 | トップページ | 日本発の研究論文「質量ともに低下」…科技白書 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57675630

この記事へのトラックバック一覧です: 強度と導電性を兼ね備えた生体適合性材料の作製に成功:

« 氷の融解が始まる“きっかけ”を分子レベルで解明することに成功 | トップページ | 日本発の研究論文「質量ともに低下」…科技白書 »