« 全固体リチウム硫黄電池、質量エネルギー密度はリチウムイオン電池の4倍 | トップページ | 近年注目を浴びている「ブルーライト」から目を守る! »

2013年6月 9日 (日)

対がん特殊部隊を育成する

07 June 2013
RIKEN Research Highlights
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 がん細胞に生じた遺伝的な異常は、
タンパク質の産生を不適切な時期や場所で
引き起こし、時には、正常細胞にはない
異常な融合タンパク質の生合成を招くこと
さえある。
 
 こうしたタンパク質の異常は、免疫系
に対して「何かまずいことが起こっている」
と警告を発する危険信号の役割を果たす
ことがあり、細胞傷害性T細胞(CTL)の
増殖を引き起こして、異常タンパク質を
目印にがん細胞を認識し破壊することが
できる。
 
 ところが残念ながら、最終的にはがんの
側も防衛戦略を展開し、その成長を
止めようとする生体の免疫応答を抑制して
しまう。
 
 そして、抗がん免疫応答を亢進させる
ワクチン療法などの方法についても、
現在のところはまだ限られた成果しか
挙がっていない。
 
 そんな中、理研免疫・アレルギー科学
総合研究センター(神奈川県横浜市)
免疫発生研究チームの河本宏チームリーダー
(TL)をはじめとする研究チームは
このたび、こうした「がん免疫療法」の
有効性の飛躍的向上につながると期待
される、iPS細胞技術の新たな活用法を
発表した1。
 
 がんに特異的な抗原に対するワクチン
の作製という構想は理にはかなっているが、
がんの防御に打ち勝てるほどの
CTL免疫応答を生じさせるのは決して容易
ではない。
 
 「強力な抗がん作用を示すCTLの数は
少なく、また、こうしたCTLは、効率的に
活性化させたとしても寿命が短いのです。
 
 少数のCTLを活性化させる方法だと、
症例の10~30%で効果が見られますが、
この効果は必ずしも治癒を意味しません。
 
 生存期間がわずかに延びるだけなの
です」と河本TLは説明する。
 
 研究チームはこの難題に取り組むため、
それぞれの患者に特異的な抗がんCTLを
大量に産生する、ある戦略を試みた。
 
オーダーメイドのT細胞
 
 細胞の遺伝的再プログラム化(初期化)
の技術を用いて、成熟したヒトCTLから
人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製する
ことにした。
 
 iPS細胞には、胚性幹細胞とほぼ同等の
分化多能性があり、この未分化状態にある
iPS細胞を至適条件下で培養することで、
成熟CTLに分化誘導できる(図1)。
 
 ここで重要なのは、iPS細胞の元になった
CTLでは遺伝子再構成がすでに終了している
ため、最終的に目的とする抗がんCTLが大量
に得られるはずだという点である。
 
 「iPS細胞から分化誘導されたこれらの
T細胞はすべて、元のT細胞と同じ
抗原受容体を発現することになります。
 
 つまり、この方法を用いれば、
抗原特異的なT細胞を高効率で作り出す
ことができるのです」と河本TLは解説
する。
 
特殊部隊の実力
 
 しかしながら、今回観察された、
がん特異的と思われる免疫応答が、実際に
がん患者の病状改善につながるかどうかは
まだ確定できていない。
 
 そのため、この問題は研究チームに
とって、今後最優先の研究課題となる。
 
 「iPS細胞から再生されたT細胞が
in vivo条件下でがん細胞を殺すことが
できるかどうかを、マウスモデルを
使って検証したいと考えています。
 
 また、これと同じ実験を別のがん抗原
を用いて行うことで、この方法が広範囲
に使用可能かどうかについても確認する
予定です」と、河本TLは語る。
 
 そうした実験の結果、この新たな
がん免疫療法が有効かつ汎用性があると
証明されれば、大勢のがん患者の福音と
なるだろう。
---------------------------------------
 
>取り組むべき技術上の課題は他にも
>いくつかある。
>iPS細胞を調製する過程は依然として
>時間を要して効率も悪く、同様に
>iPS細胞作製の元となる高品質のがん
>特異的なCTLを患者から単離するのにも
>かなりの努力が必要なのだ。
 
 困難は山ほどあるようです。
 
 大勢のがん患者の福音となる可能性が
大きいと思います。
 
 がん免疫療法は患者負担も軽く、理想的
な治療法だと思っています。
 
 その点も含めて、
 うまく行くよう大いに期待したい。

|

« 全固体リチウム硫黄電池、質量エネルギー密度はリチウムイオン電池の4倍 | トップページ | 近年注目を浴びている「ブルーライト」から目を守る! »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57555324

この記事へのトラックバック一覧です: 対がん特殊部隊を育成する:

« 全固体リチウム硫黄電池、質量エネルギー密度はリチウムイオン電池の4倍 | トップページ | 近年注目を浴びている「ブルーライト」から目を守る! »