« がん細胞を貼って死滅 物材機構、不織布を開発 | トップページ | 次世代の半導体製造の速度を10倍以上にする技術を確立 »

2013年6月26日 (水)

「オートファジーサイクル」の改善効果を持つ「アマチャエキス」を開発/ポーラ化成工業

2013年6月24日 健康美容EXPOニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 ポーラ・オルビスグループの
ポーラ化成工業株式会社は、加齢とともに
真皮線維芽細胞が持つ代謝システムである
「オートファジーサイクル」が停滞する
ことを発見しました。
 
 また、「オートファジーサイクル」の
停滞により
1.コラーゲンなど真皮を形作る成分の産生
 が低下すること
 
2.エネルギー産生に必要である
 ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド
 (NADH)の産生が低下すること
 
 を発見しました。
 
 さらに「オートファジーサイクル」の
停滞改善作用を持つ素材を探索した結果、
『アマチャエキス』に高い効果を見出し
ました。
 
 「オートファジーサイクル」は近年、癌や
アルツハイマー病などの疾患との関係が
示唆され、注目度の高い研究領域と
なっていますが、肌のハリや弾力を
生み出す真皮での役割はまだほとんど
知られていませんでした。
 
 そこでポーラ化成工業株式会社では、
この「オートファジーサイクル」が
肌でも重要な働きをしているのではないか
と研究を進め、今回の発見に至りました。
 
 これにより、肌のシワ、ハリのなさ
などの年齢を重ねることで起きる肌悩み
の改善が期待できます。
---------------------------------------
 
 そうでしょうね。
 
>肌のシワ、ハリのなさなどの
>年齢を重ねることで起きる肌悩み
>の改善が期待できます。
 とのこと。
 
 期待しましょう。
 
 参考リンクです。
2013年1月 7日

|

« がん細胞を貼って死滅 物材機構、不織布を開発 | トップページ | 次世代の半導体製造の速度を10倍以上にする技術を確立 »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「オートファジーサイクル」の改善効果を持つ「アマチャエキス」を開発/ポーラ化成工業:

« がん細胞を貼って死滅 物材機構、不織布を開発 | トップページ | 次世代の半導体製造の速度を10倍以上にする技術を確立 »