« 光合成酸素発生反応の電子の振舞を量子アルゴリズムにより解明 | トップページ | 細胞を流しながら固めて培養し、ファイバー状の生体材料に! »

2013年6月15日 (土)

筋肉の正しいストレッチ方法について

 今日、「所さんの目がテン」という番組を
見たのですが、勉強になりました。
 
 どういうことか?
 
1.身体のバランスは筋肉によって保たれて
いる。
 
2.筋肉は対になっていて必ず、伸びている
筋肉と収縮している筋肉が存在する。
 そのバランスの上に身体のバランスが
存在する。
 
 正確には単純に2つということ
ではないとは思います。
 2対の筋肉と言った方が良いと思う。
 正確なことは専門家でないとわからない
ですね。
 
3.ストレッチする筋肉に対して反動を
つけて伸ばそうとしてはいけない。
 かえってその筋肉を固くしてしまう。
 
 対象とする筋肉を持続して、30秒程度
伸ばし続けることが必要。
 何故なら脳からこれ以上長い時間収縮
していると筋肉にとって良くないので
伸ばしなさいという命令がでるまでの時間
が必要でその時間が30秒程度らしい。
 
4.そうして伸ばしたとしても時間が
経てば元に戻ってしまいます。
 何故なら2項による。
 
5.正しいストレッチとは、収縮している
筋肉を伸ばすだけではなく、
その筋肉と対になっている筋肉を運動に
よって収縮した状態にしないといけない。
 
 これは盲点でした。
 
 ただ、バランスを欠いている場合、
そのバランスを正すために、どの筋肉を
伸ばし、どの筋肉を収縮させるのかに
ついては、専門家でないとわからない
のがつらいところです。
 
 それに加えて、どういう運動が
どの筋肉を動かすことになるのか?
 素人には良くわからない。
 
 本でも買って勉強してみます?
 
 勉強になりました。
 バランスが大事ということですね。

|

« 光合成酸素発生反応の電子の振舞を量子アルゴリズムにより解明 | トップページ | 細胞を流しながら固めて培養し、ファイバー状の生体材料に! »

健康に関連するニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筋肉の正しいストレッチ方法について:

« 光合成酸素発生反応の電子の振舞を量子アルゴリズムにより解明 | トップページ | 細胞を流しながら固めて培養し、ファイバー状の生体材料に! »