« 糖尿病治療:膵臓細胞に薬剤投与 移植で「副作用なし」 | トップページ | プロバイオティクスによる腸炎抑制機構の解明 »

2013年6月13日 (木)

神経難病「多系統萎縮症」の遺伝子発見 東大

2013/6/13 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東京大学の辻省次教授らは、ふらつきや
手の震え、排尿障害が表れる神経難病
「多系統萎縮症」に深く関わる遺伝子を
発見した。
 
 日米欧の共同研究成果で、13日付の
米医学誌ニューイングランド・
ジャーナル・オブ・メディシン(電子版)
に詳細を発表した。
 
 複数の患者がいる家系から、患者の
遺伝子配列を解析した。
 その結果6つの家系のうち2つの家系
で共通する遺伝子変異を見つけた。
 
 変異していたのは「COQ2」と
呼ばれる遺伝子。
 エネルギーを生産したり老化を防い
だりする「コエンザイムQ10」という
補酵素の合成に欠かせない遺伝子と
されている。
 
 実際に患者の脳組織を調べると、
正常な人よりコエンザイムQ10が
少ないという。
 
 辻教授は「患者の組織内に
コエンザイムQ10を補えば、症状が改善
される可能性がある」と話している。
---------------------------------------
 
 久しぶりの脊髄小脳変性症関連のニュース
なんですが、いまいちピントこない。
 
 多系統萎縮症は一般に弧発性と言われて
いますね。
 
 2つの家系で共通する遺伝子変異
が見つかった。
 
 ふ~ん。コエンザイムQ10ね~
 
 コエンザイムQ10を経口で摂取しても
効果があるのかな?

|

« 糖尿病治療:膵臓細胞に薬剤投与 移植で「副作用なし」 | トップページ | プロバイオティクスによる腸炎抑制機構の解明 »

脊髄小脳変性症関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57582344

この記事へのトラックバック一覧です: 神経難病「多系統萎縮症」の遺伝子発見 東大:

« 糖尿病治療:膵臓細胞に薬剤投与 移植で「副作用なし」 | トップページ | プロバイオティクスによる腸炎抑制機構の解明 »