« 日本発の研究論文「質量ともに低下」…科技白書 | トップページ | 超小型・超省エネルギーのラマンシリコンレーザーを開発 »

2013年6月28日 (金)

免疫系の老化に関与する蛋白質を発見 - 免疫系の老化の克服に新たな一歩 -

2013年6月25日
大阪大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大学大学院医学系研究科内科学講座
(血液・腫瘍内科学 教授:金倉譲)の
横田貴史助教・佐藤友亮助教
(現神戸松蔭女子学院大学人間科学部准教授)
らは、血液・免疫細胞を生み出す大本である
造血幹細胞※1において、
核クロマチン※2構造を包括的に調節する
蛋白質Satb1が、加齢とともに低下している
ことを見出しました。
 
 また、老化したマウスの骨髄から分離
した造血幹細胞にSatb1を発現させると、
リンパ球※3を産生する能力が部分的に
回復することを見出しました。
 
 本研究は、東邦大学医学部の近藤元就教授
(免疫学)、米国オクラホマ医学研究財団の
Paul Kincade博士、米国カリフォルニア大学
バークレー校Terumi Kohwi-Shigematsu教授
らと共同で行われました。
 
 本研究の成果は、高齢者でのワクチン接種
の有効率を高め、癌や感染症に対する免疫力
を賦活する新しい技術の開発に寄与すると
期待されます。
 
 本研究成果は、米国免疫学専門誌
Immunity(Cell press)のOnline版に
6月20日(アメリカ東部時間)に掲載
されました。
---------------------------------------
 
 老化してくると免疫力も低下してくる
のは仕方の無い面がありますが、
こういう研究も有難いですね。
 
>「ライフ・イノベーション」政策の推進
>に大きく寄与すると期待できます。
 期待しましょう。
 
 老人にかかる医療費も削減出来る
可能性があります。
 その意味ではもっと積極的に推進しても
良いかもしれませんね。
 
 関連記事です。
2013/6/25 日本経済新聞

|

« 日本発の研究論文「質量ともに低下」…科技白書 | トップページ | 超小型・超省エネルギーのラマンシリコンレーザーを開発 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57681393

この記事へのトラックバック一覧です: 免疫系の老化に関与する蛋白質を発見 - 免疫系の老化の克服に新たな一歩 -:

« 日本発の研究論文「質量ともに低下」…科技白書 | トップページ | 超小型・超省エネルギーのラマンシリコンレーザーを開発 »