« ところで「脱原発」ってどうなったの? | トップページ | がん細胞だけ狙い撃ち、ウイルスで前立腺治療 »

2013年5月17日 (金)

黒岩常祥研究員らの研究チームが細胞分裂の基本的なしくみの解明 全細胞小器官の分裂を統御する遺伝子(TOP)発見

2013.05.10
立教大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 すべての生物は細胞からなり、細胞分裂
によって増える。
 
 その異常は癌などさまざまな疾病の
原因となる。
 
 細胞は細胞核を中心とする細胞小器官
から構成される”社会“です。
 
 これまで細胞分裂のしくみは細胞核に
注目して研究されてきましたが、
全細胞小器官の増殖・遺伝の観点から
解き明かす研究はほとんどありません
でした。
 
 立教大学大学院理学研究科の吉田大和
博士研究員(現ミシガン州立大ヒューマン
フロンティアサイエンスプログラム博士
研究員)と黒岩常祥特定課題研究員らの
チーム(黒岩晴子博士、大沼みお博士、
井元祐太東京大学JSPS特別研究員)は、
東京理科大学(松永幸大准教授ら)などと
共同研究を行い、ゲノム科学的手法を駆使
して、細胞核を含む全細胞小器官の
増殖・遺伝を統御する新たなタンパク質を
発見し、
TOP(Three Organelle-Divisions
Inducing Protein) と命名しました。
 
 TOPは細胞分裂と共に真核細胞誕生の鍵
を握る分子と推定されます。
 
 研究の成果は英国科学誌
『ジャーナル・オブ・セル・サイエンス』
(Journal Of Cell Science)の
4月電子版に発表されましたので、
ここにお知らせします。
--------------------------------------
 
>従来細胞の分裂の研究は核分裂と
>伴う細胞質分裂のみが考えられて
>きました。
>しかしながら、本発見で、細胞分裂の
>際には、核を含む7種の基本的な
>細胞小器官も増え遺伝をすることが
>明らかとなりました。
>今後は細胞分裂の研究においては、
>これら細胞小器官の増殖・遺伝も
>考慮して研究を進める必要があります。
 
 そうでょうね。
 
 確かに、細胞はいくつかの細胞小器官から
出来ている。
 それらも又分裂するわけで、
 
 そのことを考慮していなかったというのは
おかしい気がしますが、具体的にどう考慮
しなくてはいけないのかな?

|

« ところで「脱原発」ってどうなったの? | トップページ | がん細胞だけ狙い撃ち、ウイルスで前立腺治療 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57403063

この記事へのトラックバック一覧です: 黒岩常祥研究員らの研究チームが細胞分裂の基本的なしくみの解明 全細胞小器官の分裂を統御する遺伝子(TOP)発見:

« ところで「脱原発」ってどうなったの? | トップページ | がん細胞だけ狙い撃ち、ウイルスで前立腺治療 »