« がん細胞だけ狙い撃ち、ウイルスで前立腺治療 | トップページ | 我が国ではアンジーは乳房切除を告白できない【個の医療メール Vol.482】 »

2013年5月18日 (土)

iPSで作った角膜移植、3~4年後めどに開始

2013年5月16日 読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 大阪大の西田幸二教授(眼科)は
16日、東京都内で開かれた日本眼科学会
の講演会で、iPS細胞から角膜の組織を
作り目に移植する臨床研究について、
「3~4年後をめどに始めたい」と発表
した。
 
 臨床研究は、iPS細胞から作った角膜
の細胞を増やしてシート状にした後、
角膜が傷ついている患者の目に貼り、
視力の回復をめざす。
 
 作製するのは角膜表面の「角膜上皮細胞」
と、内側の「角膜内皮細胞」の2種類で、
患者は目のけがや、角膜が傷ついて視力が
下がる難病
「スティーブンス・ジョンソン症候群」
などの病気が対象となる。
 
 また、理化学研究所の高橋政代
プロジェクトリーダーは同じ講演会で、
iPS細胞を使って網膜の視細胞が減る
難病「網膜色素変性症」を治療する
臨床研究について、5年後をめどに始める
見通しを明らかにした。
 
 同研究所は、iPS細胞を使って目の
難病「加齢黄斑変性」の治療を行う
臨床研究を、すでに厚生労働省に申請
している。
---------------------------------------
 
 眼に対するiPS細胞を使った(再生医療)
臨床研究急激に進んできましたね。
 
 有り難いことです。
 
 早く良い結果が出て、臨床の場で広く
実施されるようになるよう期待したい。
 
 緑内障について実施する予定は
ないのでしょうか?
 
 通常眼圧緑内障は有効な治療の方法が
無い。
 
 悪くなる一方です。
 患者数も多い。

|

« がん細胞だけ狙い撃ち、ウイルスで前立腺治療 | トップページ | 我が国ではアンジーは乳房切除を告白できない【個の医療メール Vol.482】 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57408728

この記事へのトラックバック一覧です: iPSで作った角膜移植、3~4年後めどに開始:

« がん細胞だけ狙い撃ち、ウイルスで前立腺治療 | トップページ | 我が国ではアンジーは乳房切除を告白できない【個の医療メール Vol.482】 »