« 敷地境界の放射線量が8倍に…汚染水移送で | トップページ | 磁気モーメントの波を利用した低エネルギー磁化スイッチングに成功 »

2013年5月10日 (金)

アルツハイマー病:患者の脳、糖尿病と同じ状態に 九大

2013年05月07日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 九州大学生体防御医学研究所は、
アルツハイマー病患者の脳内で、糖の代謝
などに関係する複数の遺伝子の量が少なく、
糖尿病と同じ状態になることを見つけ、
7日発表した。
 
 中別府雄作教授(脳ゲノム機能学)は
「アルツハイマー病の病態変化の一過程が
分かった。
 
 脳内での健全な糖代謝やエネルギー代謝
の維持が予防や治療で大事になる」として
いる。
 
 短期的な記憶をつかさどる「海馬」で、
アルツハイマー病患者は健常者に比べ、
糖代謝を制御する遺伝子や、血糖値を調節
するインスリンを作る遺伝子が減っている
ことが分かった。
 
 さらに、アルツハイマー病モデルの
マウスを作製し調べた結果、ヒト同様に
インスリンを作るのに必要な遺伝子が
激減していた。【金秀蓮】
---------------------------------------
 
 なるほどね。
 
 糖尿病の人はアルツハイマー病になる
確率が高い?
 
 詳細は下記プレスリリースをどうぞ
 

|

« 敷地境界の放射線量が8倍に…汚染水移送で | トップページ | 磁気モーメントの波を利用した低エネルギー磁化スイッチングに成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57351923

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマー病:患者の脳、糖尿病と同じ状態に 九大:

« 敷地境界の放射線量が8倍に…汚染水移送で | トップページ | 磁気モーメントの波を利用した低エネルギー磁化スイッチングに成功 »