« マイクロ流体チップに使う小型電動バルブを開発 | トップページ | ソフトバンク、北海道でのメガソーラー建設見直しへ »

2013年5月23日 (木)

致死的な血液がんの背後にある主な遺伝子を特定

2013年5月16日 健康美容EXPOニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 血液がんである急性骨髄性白血病(AML)
に関連する遺伝子変異がほぼすべて同定
されたとの報告が、「The New England
Journal of Medicine」オンライン版に
5月1日掲載された。
 
 米ワシントン大学医学部(セントルイス)
ゲノム研究所のTimothy Ley氏らの研究。
 
 Ley氏は、「これでこの種の白血病に
関する遺伝子の脚本が手に入った。
 
 すべてのルールがわかったわけではない
が、主な役者はすべてわかった。
 
 この情報は、すぐに積極的な治療を必要
とする患者や標準的な化学療法が奏効する
患者の解明に取り組むのに役立つ可能性が
ある」という。
---------------------------------------
 
 遺伝子解析進みましたね。
 
>すべてのルールがわかったわけではない
>が、主な役者はすべてわかった。
 
 今後に期待したい。

|

« マイクロ流体チップに使う小型電動バルブを開発 | トップページ | ソフトバンク、北海道でのメガソーラー建設見直しへ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57443090

この記事へのトラックバック一覧です: 致死的な血液がんの背後にある主な遺伝子を特定:

« マイクロ流体チップに使う小型電動バルブを開発 | トップページ | ソフトバンク、北海道でのメガソーラー建設見直しへ »