« 環状mRNAを用いてエンドレスなタンパク質合成に成功 | トップページ | 小麦ポリフェノールの肥満抑制効果 »

2013年5月30日 (木)

地球温暖化に伴う赤道準2年振動の弱化傾向を発見

2013年5月23日
独立行政法人海洋研究開発機構
ハワイ大学国際太平洋研究センター
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 独立行政法人海洋研究開発機構地球環境
変動領域の河谷芳雄主任研究員と
ハワイ大学国際太平洋研究センターの
Kevin Hamilton教授は、60年分の
観測データを解析し、赤道域の成層圏
(高度約18km-50kmの領域)に存在する
赤道準2年振動(QBO)※1の強さが、
過去数十年にわたって弱まっている事を
世界で初めて発見しました。
 
 更に最新の気候モデルデータを用いた
考察から、QBOが弱まる原因は高度19km
付近の赤道上昇流が強まる為である事も
示しました。
 
 本研究は世界の主要な気候モデルで
予想されていた、成層圏の地球規模の
流れ※2が地球温暖化によって強まる事を
観測データから初めて立証し、世界的に
懸念されているオゾンホールの今後に関連
して、特に将来のオゾンホールの回復※3
に関する検討に大きな示唆を与えるもので、
「気候変動に関する政府間パネル
(IPCC)※4」の科学的知見の集約に
大きく貢献します。
 
 本成果は、文部科学省の科学研究費
補助金若手研究B
(研究課題番号:23740363)、
基盤研究B(研究課題番号: 24340113)
及び環境省の環境研究総合推進費
(A1201)を使用しており、Natureに
5月23日付け(現地時間)で掲載される
予定です。
---------------------------------------
 
>世界的に懸念されているオゾンホール
>の今後に関連して、特に将来の
>オゾンホールの回復※3に関する検討に
>大きな示唆を与えるもので、
>「気候変動に関する政府間パネル
>(IPCC)※4」の科学的知見の集約に
>大きく貢献します。
 
 とのことです。
 
 こういった地道な科学的知見の積み重ね
が重要なんだと思います。
 説得力を増す根拠になるはず。

|

« 環状mRNAを用いてエンドレスなタンパク質合成に成功 | トップページ | 小麦ポリフェノールの肥満抑制効果 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57489418

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化に伴う赤道準2年振動の弱化傾向を発見:

« 環状mRNAを用いてエンドレスなタンパク質合成に成功 | トップページ | 小麦ポリフェノールの肥満抑制効果 »