« 抱っこして歩くと赤ちゃんがリラックスする仕組みの一端を解明 | トップページ | 靱帯損傷の新治療の可能性 人の幹細胞から組織作り成功 »

2013年4月23日 (火)

細胞移植治療に使用される免疫抑制剤タクロリムスが血管網の新生構築を阻害する 細胞移植治療の成績向上へ向けて

- 細胞移植治療の成績向上へ向けて -
東北大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 東北大学未来科学技術共同研究センター
(大学院医学系研究科兼務)の
後藤昌史教授、大学院医学系研究科
先進外科の大内憲明教授、西村隆一医師ら
のグループは、糖尿病を対象とする
細胞移植治療である膵島移植において、
臨床現場で比較的安全とされ頻用されて
いるタクロリムスという免疫抑制剤が、
移植後の膵島周囲の栄養血管網の新生構築
を阻害することを明らかにしました。
 
 これまでに、副作用が多いことで知られる
シロリムスには血管構築阻害効果があること
が知られておりましたが、現在も臨床現場で
頻用されているタクロリムスに同様の作用が
ある事が判明したのは初めてです。
 
 この結果は、今後の細胞移植治療の
成績向上へ向けた戦略を構築する上で有用
な知見になると思われます。
 
 この研究成果は、米国の国際学術誌
The Public Library of Science ONE
(PLOS ONE)に4 月17日(米国東部時間)に
掲載されました。
 
 
---------------------------------------
 
 ご参考です。
 
 臨床現場で比較的安全とされ頻用されて
いる薬でもこういうことがあるんですね。

|

« 抱っこして歩くと赤ちゃんがリラックスする仕組みの一端を解明 | トップページ | 靱帯損傷の新治療の可能性 人の幹細胞から組織作り成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57232098

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞移植治療に使用される免疫抑制剤タクロリムスが血管網の新生構築を阻害する 細胞移植治療の成績向上へ向けて:

« 抱っこして歩くと赤ちゃんがリラックスする仕組みの一端を解明 | トップページ | 靱帯損傷の新治療の可能性 人の幹細胞から組織作り成功 »