« 細胞移植治療に使用される免疫抑制剤タクロリムスが血管網の新生構築を阻害する 細胞移植治療の成績向上へ向けて | トップページ | 貧血治療にiPS活用 赤血球増やす細胞作製に成功 »

2013年4月23日 (火)

靱帯損傷の新治療の可能性 人の幹細胞から組織作り成功

2013年04月22日 朝日新聞デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
---------------------------------------
 関節を支える靱帯(じんたい)の組織を
人の骨髄の幹細胞から作り出すことに
久留米大(福岡県)などの研究チームが
成功した。
 
 この組織を移植すると、断裂した靱帯が
約1週間で修復されることもニワトリを
使った実験でわかり、靱帯損傷の新しい
治療法になる可能性があるという。
---------------------------------------
 
 良いですね。再生医療。
 
>「幹細胞から作った靱帯は移植後、
>しっかりくっつくのが特徴。
>靱帯がほぼ元通りに再生することが
>期待される」
 
 素晴らしい。
 治験が始まるのはいつ頃になるの
だろう?

|

« 細胞移植治療に使用される免疫抑制剤タクロリムスが血管網の新生構築を阻害する 細胞移植治療の成績向上へ向けて | トップページ | 貧血治療にiPS活用 赤血球増やす細胞作製に成功 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57232494

この記事へのトラックバック一覧です: 靱帯損傷の新治療の可能性 人の幹細胞から組織作り成功:

« 細胞移植治療に使用される免疫抑制剤タクロリムスが血管網の新生構築を阻害する 細胞移植治療の成績向上へ向けて | トップページ | 貧血治療にiPS活用 赤血球増やす細胞作製に成功 »