« 高用量スタチンが急性腎障害に関連 | トップページ | 新しい構造を持つ金属ルテニウム触媒の開発に世界で初めて成功 »

2013年4月 4日 (木)

科学研究、国際化に遅れ 日本の論文数シェア2位→5位

2013年3月30日 朝日デジタル
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
--------------------------------------
 日本は科学技術分野での論文数が
伸び悩み、国際的な共同研究の流れに
乗り遅れていることが文部科学省の分析
でわかった。
 
 一方で中国は論文数で世界2位になる
など、躍進が目立つ。
 
 10年前に比べ、日本の論文数は3%の
伸びだったが、中国は約4・6倍に
なった。
 日本のシェアは10年前は米国に次ぐ
2位だったのが、中国、ドイツ、英国に
抜かれ5位に下がった。
--------------------------------------
 
 気になる記事ですね。
 
 日本の地盤沈下は少しずつ進んでいる
ようです。
 
 原因はどこにあるのでしょうか?
 
 内向き指向、少子化、科学に対する
関心低下とか?

|

« 高用量スタチンが急性腎障害に関連 | トップページ | 新しい構造を持つ金属ルテニウム触媒の開発に世界で初めて成功 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57103347

この記事へのトラックバック一覧です: 科学研究、国際化に遅れ 日本の論文数シェア2位→5位:

« 高用量スタチンが急性腎障害に関連 | トップページ | 新しい構造を持つ金属ルテニウム触媒の開発に世界で初めて成功 »