« 二酸化炭素を抑制、新型焼却炉…東京・日野の下水施設 | トップページ | 予定6657万、落札271万…甘い規制庁事業 »

2013年4月28日 (日)

実世界の物に対してタッチ操作可能な次世代ユーザーインターフェース

15 APRIL 2013 diginfo.tv
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
---------------------------------------
 富士通研究所は、紙や本など実世界に
あるものを指で直接選択するだけでデータ
のやり取りを可能にするシステムを開発
しました。
 
 この技術を用いることで、書類を指で
なぞって必要な箇所を電子データとして
取り込むことができます。
 
 操作対象となる実世界の物体の形状を
計測し、カメラとプロジェクターと実世界
の3つの座標系を自動で調整する技術
により、テーブルや紙など平坦な面だけ
でなく、厚みのある本などの歪んだ面で
あってもタッチと表示を正確に合わせる
ことが可能です。
---------------------------------------
 
 見て貰うのが一番です。
 
 思っていたより素晴らしい技術だと
思います。
 
 実際の製品として広がるかどうか
今後を見守りたい。

|

« 二酸化炭素を抑制、新型焼却炉…東京・日野の下水施設 | トップページ | 予定6657万、落札271万…甘い規制庁事業 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57263963

この記事へのトラックバック一覧です: 実世界の物に対してタッチ操作可能な次世代ユーザーインターフェース:

« 二酸化炭素を抑制、新型焼却炉…東京・日野の下水施設 | トップページ | 予定6657万、落札271万…甘い規制庁事業 »