« 初期化を阻害する転写因子が分化を促進する | トップページ | 高分子を捕まえる新タイプの光ピンセット »

2013年4月11日 (木)

活性酸素などから遺伝物質を守る仕組みを解明

2013/03/27
九州大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 九州大学大学院医学研究院の関口猛助教
は、福岡歯科大学先端科学研究センターの
関口睦夫教授、早川浩教授、
伊東理世子講師との共同研究によって、
活性酸素などによる酸化から遺伝物質を
守る仕組みを明らかにしました。
 
 この仕組みの解明は、遺伝物質の酸化
によって引き起こされる人間のがん化や
老化の仕組みを明らかにするために重要
であると考えています。
 
 本研究成果は、米国学術誌
『The Journal of Biological Chemistry』
電子版に 2013 年 2 月 3 日付けで公開
され、2013 年 3 月 22 日号の印刷版に
掲載されました。
 
 
-------
内 容
 活性酸素などによって DNA や RNA、
ヌクレオチドが酸化されることは、生物
にとって大きな害となります。
 
 人間を含め、酸素を使って生きている
生物は、これらが酸化されるのを防ぐ
仕組みを持っているはずです。
 
 研究チームは、酸化された
ヌクレオチドを排除する仕組みを研究して
きました。
 
 生物は、細胞を基本単位として構成
されています。
 
 そのため生命現象の仕組みは、一つの
細胞である大腸菌でも、人間でも、基本的
には同じようなものであると言うことが
できます。
 
 本研究では、大腸菌を使用し、
ヌクレオチドを作るために働いている
3つのタンパク質(GMK,ADK,NDK)を詳細に
調査しました。
 
 その結果、研究チームは GMK だけが、
酸化された原料(8oxoGMP)を使わず
酸化されていない原料(GMP)だけを使う
ことを明らかにしました。
 
 酸化されたヌクレオチド(8oxoGTP)は
MutT というタンパク質によって分解されて
8oxoGMP ができることは分かっていました。
 
 この分解されてできた8oxoGMP を GMK が
使わないことがこの研究で判明しました。
 
 一度分解された酸化ヌクレオチド
(8oxoGMP)が、また使われては意味が
ありません。
 
 それを回避する働きをこの GMK
というタンパク質が担っていることも
明らかにしました。
--------------------------------------
 
>GMK や MutT などの酵素は、活性酸素
>による悪い作用を取り除くことができる
>ため、重要な酵素です。
>食品などの環境中の化学物質で、
>GMK や MutT などの働きを邪魔するもの
>があれば遺伝物質を傷つけてがん化や
>老化を進めることになります。
 
 なるほど。
 
 人が本来持っている仕組みの一部が
解明されたということですね。
 
 酸化ストレス関連での既投稿記事には
2012年10月31日 東京大学
 
 というのがありました。
 ご参考。

|

« 初期化を阻害する転写因子が分化を促進する | トップページ | 高分子を捕まえる新タイプの光ピンセット »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57150335

この記事へのトラックバック一覧です: 活性酸素などから遺伝物質を守る仕組みを解明 :

« 初期化を阻害する転写因子が分化を促進する | トップページ | 高分子を捕まえる新タイプの光ピンセット »