« iPSで筋ジストロフィー病態一部再現 | トップページ | シリーズ放射能除染 走る除染プラント福島を行く »

2013年4月26日 (金)

IAEA の見解、福島第 1 原発を廃炉にするのに 40 年じゃ足りない

2013年04月25日 slashdot
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 福島第 1 原子力発電所の廃炉作業の
調査を行った国連原子力機関 (IAEA) の
Juan Carlos Lentijo 氏が月曜日、
廃炉期間について見解を述べた
(The Japan Times の記事、
本家 /. 記事より) 。
 
 日本政府及び東電は 30~40 年という
見通しを立てているが、Lentijo 氏に
よれば「あのような複雑な施設を廃炉に
するのに30~40年以下という期間を確約
するのは限りなく不可能に近い」とのこと。
---------------------------------------
 
 IAEAの根拠も東電の根拠も、あいまい。
 
 ただ、今までの進捗を見ていると確かに
30~40年以下というのは信じがたい気が
します。
 
 未経験の事である上、想定外なことが
起こる。おまけにお粗末な対処法。
 
 汚染水が増え続けるようなやり方は
理解出来ない。
 
 もっとましな方法があるはず。

|

« iPSで筋ジストロフィー病態一部再現 | トップページ | シリーズ放射能除染 走る除染プラント福島を行く »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57251282

この記事へのトラックバック一覧です: IAEA の見解、福島第 1 原発を廃炉にするのに 40 年じゃ足りない:

« iPSで筋ジストロフィー病態一部再現 | トップページ | シリーズ放射能除染 走る除染プラント福島を行く »