« 女性特有の“働かないX染色体” | トップページ | 1滴の血液から1時間で検査できる全自動遺伝子検査チップ »

2013年4月 8日 (月)

ブラックホールに落ち込む最後の1/100秒の解明へ

独立行政法人理化学研究所
国立大学法人京都大学
学校法人日本大学
国立大学法人東京大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 強力な重力のため、光さえも飲み込んで
しまうという暗黒の天体「ブラックホール」
は、実在するのでしょうか?
 
 状況証拠こそ集まってきたものの、
じつは今でも、直接的な観測証拠は
ありません。
 
 1971年、今から40年ほど前に
「はくちょう座X-1」という、X線で明るく
光る不思議な天体が発見されました。
 
 X線強度が秒以下の短い時間で変動する
ことや、太陽の数倍以上の質量を持つこと
もわかりました。
 
 短い時間でX線が変動することは、X線を
出す領域、すなわち天体が極めて小さい
ことを意味します。
 
 こうして、「はくちょう座 X-1」 は
ブラックホール候補天体となりました。
 
 はくちょう座X-1は連星系の中に
あります(図)。
 
 ブラックホールは、連星系の相手の恒星
の周囲のガスを引き込みます。
 
 引き込まれたガスはブラックホールの
周りをぐるぐる回る円盤をつくり、
最終的にブラックホールに落ち込みます。
 
 ガスは、ブラックホールに落ち込む時
高温になりX線を出します。
 
 このX線をうまくキャッチすること
により、ブラックホールの周囲を詳しく
“観察” できるのです。
 
 理研の研究者らは、X線観測衛星
「すざく」に搭載された高感度の
「硬X線検出器」を用い、
「重ね合わせショット解析」という
X線強度や色(波長)の細かな変動が
測定できる独自の手法を適用し、ガスが
ブラックホールに落ち込む最後の
100分の1秒間に10億度以上まで急激に
加熱されることを発見しました。
 
 もし中心天体に表面があれば、
表面からの放射がガスを冷やすため
今回の観測を説明できません。
 
 したがって本観測は、中心に
「表面のない天体」、つまり
ブラックホールがあることを意味します。
 
 ブラックホール存在の直接証明に
一歩近づいた成果といえます。
--------------------------------------
 
>ブラックホール存在の直接証明に
>一歩近づいた成果といえます。
 
 興味あるんです。
 なんでも吸い込むブラックホール
恐ろしい存在です。
 
 こちらが本物のプレスリリース
です。

|

« 女性特有の“働かないX染色体” | トップページ | 1滴の血液から1時間で検査できる全自動遺伝子検査チップ »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57131489

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックホールに落ち込む最後の1/100秒の解明へ:

« 女性特有の“働かないX染色体” | トップページ | 1滴の血液から1時間で検査できる全自動遺伝子検査チップ »