« 原子核の新たな共鳴現象を初めて確認 | トップページ | 本人の幹細胞で脳梗塞治療 札幌医大、臨床試験へ »

2013年3月11日 (月)

亜鉛トランスポーターZIP9が免疫細胞のシグナル伝達に関与

平成25年3月8日
理化学研究所プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 ヒトが生命を維持していくには、微量の
金属元素が必要です。
 
 亜鉛もその1つです。
 
 欠乏すると、成長の遅れや、味覚障害、
免疫不全などの疾患につながると言われて
います。
 
 生体内で亜鉛輸送を担うのが
「亜鉛トランスポーター」という
膜タンパク質で、細胞内の亜鉛濃度を
制御しています。
 
 また、亜鉛は細胞内で情報を運ぶ
「細胞内シグナル伝達因子」としても
働きます。
 
 しかし、亜鉛がどのようにシグナル伝達
に関わっているかは十分に理解されて
いません。
 
 また、免疫細胞であるB細胞が機能する
ためには亜鉛が重要だという説が
ありますが、これも実験的に証明できて
いませんでした。
 
 そこで、理研の研究者を中心にした
グループは、細胞小器官の1つゴルジ体
にある亜鉛トランスポーター 「ZIP9」
に着目し、ニワトリのB細胞に由来する
培養細胞「DT40細胞」を用いて亜鉛と
シグナル伝達の関係を調べました。
 
 その結果、ZIP9が細胞外からの刺激に
応じて、ゴルジ体から細胞質へ亜鉛を
放出し、B細胞抗原受容体(BCR)の
シグナル伝達を活性化する重要な
タンパク質であることを発見しました。
 
 亜鉛がT細胞にとって重要であることは
知られていましたが、B細胞が正常に機能
するためのシグナル伝達に関わる金属元素
としても重要であることが明らかになり、
亜鉛と免疫機能の関係の理解がさらに
広がります。
 
 これによって、細胞内シグナル伝達因子
として働く亜鉛の詳細な機能の解明や、
亜鉛トランスポーターの機能不全に起因
するさまざまな治療法の開発の進展に
つながると期待できます。
 
 
---------------------------------------
 
 亜鉛って免疫機能に重要な役割を持って
いるんですね。
 
 亜鉛不足は味覚障害を引き起こすことが
よく知られていますが、亜鉛も含めて
身体に必須な金属があります。
 
 金属が必要というのはなんとなく不思議
な感じがします。
 
 ただ、人の細胞も化学反応を利用して
いる以上、金属が必要なのは、
なんとなくそんなものかな?
 と言う気もします。

|

« 原子核の新たな共鳴現象を初めて確認 | トップページ | 本人の幹細胞で脳梗塞治療 札幌医大、臨床試験へ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56934222

この記事へのトラックバック一覧です: 亜鉛トランスポーターZIP9が免疫細胞のシグナル伝達に関与:

« 原子核の新たな共鳴現象を初めて確認 | トップページ | 本人の幹細胞で脳梗塞治療 札幌医大、臨床試験へ »