« 細胞内の“ごみ掃除”(自食)に関わる遺伝子の異常が知的障害を引き起こす~患者における突然変異の発見から~ | トップページ | 幸運の113番元素 »

2013年3月 2日 (土)

特発性大腿骨頭壊死症(病期がStage1および2)を対象にbFGF含有ゼラチンハイドロゲルを用いた臨床試験を開始

2013年2月28日 京都大学お知らせ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 医学部附属病院整形外科は、大腿骨頭
壊死症家兎動物モデルにおいて、単回の
塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF)含有
ゼラチンハイドロゲルの骨頭内埋入により、
壊死部の骨再生をきたし、
さらに骨頭圧潰を阻止することを明らかに
しました。
 
 本結果等を基に、特発性大腿骨頭壊死症
を対象に、bFGF含有ゼラチンハイドロゲル
の骨頭内埋入の安全性を評価することを
主な目的とする臨床試験を3月から開始
します。
 
 特発性大腿骨頭壊死症は、大腿骨頭の
一部の血の流れが悪くなることにより壊死
に陥り、骨が潰れて、股関節の機能が
著しく損なわれる原因不明の難病で、
厚生労働省の難治性疾患に指定されて
います。
 
 本臨床試験は、医学部附属病院
「医の倫理委員会」の承認を得て、
整形外科が、薬剤部、探索医療センター
を中心とした院内各部署の協力のもと、
共同で実施します。
 
 10名の患者を対象とし、安全性と有効性
を検証します。
 2013年3月1日より登録を開始し、
追跡期間は1年間を予定しています。
 
 本臨床試験では、特発性大腿骨頭壊死症
のうち、病期が骨頭圧潰前のStage1
および2の患者を対象に、bFGF含有
ゼラチンハイドロゲルを、レントゲン透視下
に骨壊死部位に埋入します。
 bFGF含有ゼラチンハイドロゲルの
骨頭内埋入は、低侵襲手術として、短時間
で実施できます。
 
 現在、特発性大腿骨頭壊死症では壊死
した骨の再生を促す有効な治療法はなく、
bFGF含有ゼラチンハイドロゲルの
単回埋入により、壊死部の骨再生が誘導
され、さらに骨頭圧潰が抑制されれば、
積極的低侵襲手術法として多くの患者に
適応・実施されることが期待でき、
医療的・社会的な意義は大きいと考え
られています。
---------------------------------------
 
>現在、特発性大腿骨頭壊死症では
>壊死した骨の再生を促す有効な治療法
>はなく、
 ということらしい。
 
 臨床試験うまくいくと良いですね。

|

« 細胞内の“ごみ掃除”(自食)に関わる遺伝子の異常が知的障害を引き起こす~患者における突然変異の発見から~ | トップページ | 幸運の113番元素 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56870774

この記事へのトラックバック一覧です: 特発性大腿骨頭壊死症(病期がStage1および2)を対象にbFGF含有ゼラチンハイドロゲルを用いた臨床試験を開始:

« 細胞内の“ごみ掃除”(自食)に関わる遺伝子の異常が知的障害を引き起こす~患者における突然変異の発見から~ | トップページ | 幸運の113番元素 »