« 40年来の論争に幕 細胞内の清掃マシーン「オートファゴソーム」の生成場所を特定!―さまざまな病気を防ぐために細胞が持つ機能の理解が前進― | トップページ | 糖鎖を分解する酵素「Man2C1」に新たな機能を発見 »

2013年3月27日 (水)

iPS:赤血球量産の技術開発 輸血用血液製造に期待

2013年03月21日 毎日jp
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 あらゆる細胞になる能力を持つヒトの
人工多能性幹細胞(iPS細胞)から
赤血球を豊富に作る技術を、
理化学研究所バイオリソースセンター
の中村幸夫細胞材料開発室長らが開発した。
 
 実用化されれば、少子高齢化で不足が
懸念される輸血用血液の製造につながる
可能性がある。
 
 21日に横浜市で始まった
日本再生医療学会で発表した。
 
 中村さんらは、赤血球を次々と生み出す
「赤血球前駆細胞」をマウスで既に作製
しており、これをヒトiPS細胞に応用
した。
 
 貧血治療に使われる薬
「エリスロポエチン」の成分など
血液増殖につながる物質を使って培養し、
同様の前駆細胞の作製に成功した。
 
 この前駆細胞の集まりを赤血球に
しようとすると、約25%がうまく変化
するが、残りは不完全だったり、
前駆細胞自身が死んでしまったりする
という。
 
 前駆細胞自体はほぼ無限に増えるため、
輸血に必要な量の赤血球は作れるが、
コストを抑えるのにさらに技術改良が必要
で、実用化には数年かかるという。
--------------------------------------
 
 実用化には時間がかかりそうですが、
期待したいです。
 
>ほぼ万人に輸血可能なO型Rhマイナス
>の赤血球を作って貯蔵すれば、
>ほかの血液型にも対応できる
 
 良いですね。

|

« 40年来の論争に幕 細胞内の清掃マシーン「オートファゴソーム」の生成場所を特定!―さまざまな病気を防ぐために細胞が持つ機能の理解が前進― | トップページ | 糖鎖を分解する酵素「Man2C1」に新たな機能を発見 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57043176

この記事へのトラックバック一覧です: iPS:赤血球量産の技術開発 輸血用血液製造に期待:

« 40年来の論争に幕 細胞内の清掃マシーン「オートファゴソーム」の生成場所を特定!―さまざまな病気を防ぐために細胞が持つ機能の理解が前進― | トップページ | 糖鎖を分解する酵素「Man2C1」に新たな機能を発見 »