« 脂肪のもとで乳房再生 鳥取大5人に、がん切除部に移植 | トップページ | ヒトiPS細胞を生きたまま可視化できるプローブを開発 »

2013年3月22日 (金)

日本が資源大国に!?南鳥島沖で高濃度のレアアース発見

 
>2013年3月21日、独立行政法人
>海洋研究開発機構(JAMSTEC)と
>東京大学は21日、南鳥島周辺に
>超高濃度レアアース泥を発見したと
>発表しました。
>中国が独占状態にあるレアアース資源。
>今回の発見により、日本は資源大国に
>なるのでしょうか?
更新日: 2013年03月22日
NAVERまとめ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
>濃度は世界産出量の9割を占める中国の
>陸上鉱床(通常300~500ppm)
>の10倍以上
 
>埋蔵量は国内消費の数百年分以上
 
>少なくとも現金に換算して200兆円以上
 
>水深や環境条件など技術・コスト面で
>課題が残ると指摘する専門家もいる
 
>世界を見ても、これほどの深海での
>資源開発の実績はなく、採掘技術や
>コストに課題が残る
 
 レアアースが含まれている泥のある場所
は「深さ5,000メートル以上」の海底
らしい。
 
 難しそうですが魅力大。
 
 メタンハイドレートもあるし、海底は資源の
宝庫です。

|

« 脂肪のもとで乳房再生 鳥取大5人に、がん切除部に移植 | トップページ | ヒトiPS細胞を生きたまま可視化できるプローブを開発 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57008413

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が資源大国に!?南鳥島沖で高濃度のレアアース発見:

« 脂肪のもとで乳房再生 鳥取大5人に、がん切除部に移植 | トップページ | ヒトiPS細胞を生きたまま可視化できるプローブを開発 »