« 「高空間分解能」かつ「高感度」な革新的X線顕微法を開発 | トップページ | 一般社団法人 食と健康協会 乳酸菌データベース »

2013年3月 7日 (木)

細胞内のタンパク質配送システムに新たな発見

2013/03/04
九州大学プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 真核生物の細胞内には脂質膜で
仕切られた種々の細胞小器官が存在し、
細胞機能の発現を支えています。
 
 細胞小器官ひいては細胞が正常に機能
するためには、細胞内で合成された
タンパク質がそれぞれの「仕事場」となる
特定の細胞小器官へ正確に運搬される必要
があり、この「タンパク質の選別輸送」が
破綻すると疾患を惹起することが知られて
います。
 
 九州大学大学院理学研究院 生物科学部門
の藤木幸夫 主幹教授(理事・副学長)の
研究グループは、ヒトをはじめとする
哺乳動物の細胞内において、
C末アンカー型タンパク質(※1)が
細胞内小器官の一つであるペルオキシソーム
(※2)へ選択的に配送される仕組みを
解明しました。
 
 一般に、タンパク質輸送機構の枠組み
は生物種間で高度に保存されていますが、
C末アンカー型タンパク質の
ペルオキシソームへの輸送機構は酵母と
哺乳類で異なることを発見しました。
 
 今回の研究結果は、C末アンカー型
タンパク質の選別輸送機構のみならず、
ペルオキシソームの形成・維持機構、
細胞機能の発現・制御機構の全容解明に
つながることが期待されます。
 
 本研究成果は2013年3月4日
(米国東部時間:午前 9 時)に
米国科学雑誌
「The Journal of Cell Biology」に
掲載されます。
---------------------------------------
 
>細胞内のタンパク質配送システムに
>新たな発見
 だそうです。
 
>細胞小器官ひいては細胞が正常に機能
>するためには、細胞内で合成された
>タンパク質がそれぞれの「仕事場」
>となる特定の細胞小器官へ正確に運搬
>される必要があり、この
>「タンパク質の選別輸送」が破綻する
>と疾患を惹起することが知られて
>います。
 
 細胞内のタンパク質配送システムが
正常に機能することが大事なんですね。
 
 今回はペルオキシソーム形成異常症
関連タンパク質Pex26pの輸送機構を
解明したものですが、
 
 
 関連記事として
13.01.19
岡山大学プレスリリース
 
 というのもありました。
 こちらは、「小胞輸送」に関するもの
です。

|

« 「高空間分解能」かつ「高感度」な革新的X線顕微法を開発 | トップページ | 一般社団法人 食と健康協会 乳酸菌データベース »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56906504

この記事へのトラックバック一覧です: 細胞内のタンパク質配送システムに新たな発見:

« 「高空間分解能」かつ「高感度」な革新的X線顕微法を開発 | トップページ | 一般社団法人 食と健康協会 乳酸菌データベース »