« 原発要員計画が破綻 福島第一、半数が偽装請負の疑い | トップページ | メタンハイドレートからのガス採取成功 世界初 »

2013年3月12日 (火)

単結晶X線解析によるヘリウム原子の観測、ならびに異種原子を同時に内包させたフラーレンの合成に世界で初めて成功

2013年3月6日 京都大学 お知らせ
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 村田靖次郎 化学研究所教授、
加藤立久 高等教育研究開発推進機構教授、
永瀬茂 福井謙一記念研究センター
シニアリサーチフェローならびに
赤阪健 筑波大学生命領域学際研究センター
教授らの研究グループは、世界で初めて、
サブナノサイズの空間に閉じ込めた
ヘリウム原子の構造解析に成功し、さらに
ヘリウム原子と窒素原子を同時に内包した
フラーレンの合成手法を開発しました。
 
 本研究成果は、2013年3月5日(英国時間)
に英国科学誌「Nature Communications」の
オンライン速報版で公開されました。
 
 
研究のポイント
・ヘリウム原子の単結晶X線構造解析に
 世界で初めて成功
 
・2種類の手法の組合せにより、異種原子
 を同時に内包した新規フラーレンを創出
 
・有機太陽電池材料や有機トランジスタの
 性能向上に期待
---------------------------------------
 
 ポイントは「異種原子を同時に内包した
新規フラーレンを創出」
ということでしょうか?
 
 
 フラーレン関連の他のプレスリリース
を紹介しておきます。
2013.01.23 物質・材料研究機構
 
 
 フラーレンとは
 
>フラーレンは、グラフェン、
>カーボンナノチューブなどと並び、
>電子材料から医療材料まで幅広い
>応用が期待されている
 ものだそうです。

|

« 原発要員計画が破綻 福島第一、半数が偽装請負の疑い | トップページ | メタンハイドレートからのガス採取成功 世界初 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56940783

この記事へのトラックバック一覧です: 単結晶X線解析によるヘリウム原子の観測、ならびに異種原子を同時に内包させたフラーレンの合成に世界で初めて成功:

« 原発要員計画が破綻 福島第一、半数が偽装請負の疑い | トップページ | メタンハイドレートからのガス採取成功 世界初 »