« ヒッグス粒子、ほぼ確実…欧州研究機関が見解 | トップページ | 水深1万メートル超での海底地震計 »

2013年3月19日 (火)

排熱から電気をつくる「熱発電チューブ」の発電検証を開始

2013年3月15日
独立行政法人新エネルギー
・産業技術総合開発機構
パナソニック株式会社
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 NEDOの委託事業「省エネルギー革新技術
開発事業」において、
パナソニック株式会社は、環境モデル都市
・京都市のごみ処理施設である東北部
クリーンセンターの排熱を利用した
「熱発電チューブ」の発電検証試験を
開始します。
 
 熱発電チューブは、熱が伝わりにくい
熱電変換材料[1]と、熱が伝わりやすい
金属を交互に傾斜して積層した構造により、
熱の流れと垂直な方向に電気が流れる現象
を利用し、チューブ状に加工した
傾斜積層構造体の中にお湯を流す等
により、チューブの内側と外側とで温度差
をつくり発電するものです。
--------------------------------------
 
 良いですね。
 どんどん挑戦しましょう。
 
>平成25年度末まで検証試験を実施し、
>本事業で開発した熱発電ユニットの
>発電性能の検証をいたします。
 
>具体的には、ごみ焼却で発生する熱
>のうち、利用できていない低温域の
>熱で作り出した温水と、施設内の
>冷却水を用い、400W/リッポウメートル以上
>の発電量を得ることを目標として
>います。

|

« ヒッグス粒子、ほぼ確実…欧州研究機関が見解 | トップページ | 水深1万メートル超での海底地震計 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56988589

この記事へのトラックバック一覧です: 排熱から電気をつくる「熱発電チューブ」の発電検証を開始:

« ヒッグス粒子、ほぼ確実…欧州研究機関が見解 | トップページ | 水深1万メートル超での海底地震計 »