« 再生医療向け培養細胞の品質管理技術を開発 | トップページ | 福島第一の停電、PHS不通が復旧遅れの一因 »

2013年3月31日 (日)

六価クロム:基準3000倍…公園の排水溝 東京・江戸川

2013年03月27日 毎日新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 東京都江戸川区の都立大島小松川公園
近くの排水溝の水に、高濃度の有害物質
「六価クロム」が含まれていることが、
渡辺泉・東京農工大准教授(環境毒性学)
のチームの調査で分かった。
 
 環境基準の約3000倍という。
 
 都環境局は27日、現地に職員を派遣
して調査を始めた。
 
 一帯は、1973年に都が購入した
工場跡地で、高濃度の六価クロムを含む
鉱物のくず「鉱滓(こうさい)」が
大量投棄された。
 都などは鉱滓を無害化した上で鉄板など
で仕切って地中に埋めた。
 
 ところが、周辺では11年2月と
昨年4月にも、六価クロムを含む地下水の
漏出が発覚。
 処理のため除去した土壌から環境基準の
約220倍の六価クロムが検出された。
 当時、都は漏出を確認しながら
「健康に影響はない」という理由で、
区や住民に連絡していなかったことが
問題化した。
 
 チームは「無害化処理されない鉱滓が
地中に存在し、環境を汚染し続けている
可能性がある」として、今年1~3月、
同公園周辺で、格子状の金属のふたが
された排水溝から水を採取。
 最高で、環境基準
(水1リットル当たり0.05ミリグラム)
の約3000倍に当たる153ミリグラム
(153ppm)の六価クロムを検出した
という。
 
 尾崎宏和・特任助教は「都は住民にも
情報を公開し、原因の究明を急ぐべきだ」
と指摘する。
--------------------------------------
 
 当たり前ですよね。
 
 どうも基本がなっていない。鈍感。
 
 危険だから公開しろとか、そうでない
から公開しなくて良いとか言う話しでは
ないと思う。
 
 公開してくれないと危険なのかどうか
さえ分からない。

|

« 再生医療向け培養細胞の品質管理技術を開発 | トップページ | 福島第一の停電、PHS不通が復旧遅れの一因 »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57074408

この記事へのトラックバック一覧です: 六価クロム:基準3000倍…公園の排水溝 東京・江戸川:

« 再生医療向け培養細胞の品質管理技術を開発 | トップページ | 福島第一の停電、PHS不通が復旧遅れの一因 »