« 被災地以外にも使われる震災復興予算 その本質的な原因と対策を問う | トップページ | 培養軟骨:4月から保険適用へ »

2013年3月13日 (水)

イレッサ効かない患者向け治療法 金沢大と名大教授

2013/3/12 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 金沢大学の矢野聖二教授や竹内伸司助教、
名古屋大学の長谷川好規教授らは、
肺がん治療で使われる薬
「イレッサ(一般名ゲフィチニブ)」が
効かない患者向けの治療法を見つけた。
 
 マウスを使った実験では、リンパ腫治療用
の既存の抗がん剤と併用すると、肺がんの
細胞が消えた。
 
 2013年度内の臨床試験(治験)実施を
目指す。
 
 イレッサはがん細胞だけをたたく
分子標的薬の一種。
 細胞の増殖を促すたんぱく質を
狙い撃ちし、その働きを妨げる。
 
 「タルセバ(同エルロチニブ)」も
同じ仕組みで働く。
 特定の肺がん患者で高い治療効果が
ある一方で、BIMと呼ぶ遺伝子が
変異して効かない人も1割ほどいる。
---------------------------------------
 
 既存の抗がん剤との併用で肺がんの
細胞が消えるとは素晴らしい。
 
>2013年度内の臨床試験(治験)実施
>を目指す。
 とのことですが、もう少し早くならない
ものでしょうか?

|

« 被災地以外にも使われる震災復興予算 その本質的な原因と対策を問う | トップページ | 培養軟骨:4月から保険適用へ »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56946642

この記事へのトラックバック一覧です: イレッサ効かない患者向け治療法 金沢大と名大教授:

« 被災地以外にも使われる震災復興予算 その本質的な原因と対策を問う | トップページ | 培養軟骨:4月から保険適用へ »