« 世界初、生活支援ロボットのISO/DIS 13482認証が実現 | トップページ | 勝手に入るゴミ箱 - 文化庁メディア芸術祭 »

2013年3月 6日 (水)

名大など、「先天性血小板減少症」の原因となる遺伝子変異を発見

2013/02/28 マイナビニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
 国立病院機構 名古屋医療センター、
名古屋大学(名大)、東京大学医学部付属
病院の3者は2月22日、
「先天性血小板減少症」の原因となる
「ACTN1」遺伝子変異を発見したと共同で
発表した。
 
 成果は、
国立病院機構 名古屋医療センター
臨床研究センターの國島伸治室長、
名大大学院 医学系研究科小児科学の
小島勢二教授、
東大医学部付属病院がんゲノミクス
プロジェクトの小川誠司特任准教授らの
共同研究グループによるもの。
 
 研究の詳細な内容は、2月21日付けで
米国人類遺伝学会誌
「American Journal Genetics」に
掲載された。
 
 また、今回の研究は、
名古屋医療センター、名大、東大
それぞれにおける倫理審査承認を得た
うえで実施されたものだという。
---------------------------------------
 
>先天性血小板減少の新規原因遺伝子を
>発見した今回の成果に対して
>研究グループは、先天性血小板減少症
>の病院・病態の解明に役立つことが
>期待でき、新しい検査診断法の確立と
>治療法の開発につながるとするほか、
>今後、先天性血小板減少症の原因を解明
>することで的確に診断できるように
>なれば、特発性血小板減少性紫斑病の
>正診率向上および効果的診療に
>つながったり、正常な血小板産生機構の
>解明へつながることが期待できる
>とコメントしている。
 
 いろいろな疾患に対して新規原因遺伝子
が発見されてきてます。
 これにより上記のような効果があるはず
で期待したい。
 
 関連リンクです。
名古屋大学プレスリリース

|

« 世界初、生活支援ロボットのISO/DIS 13482認証が実現 | トップページ | 勝手に入るゴミ箱 - 文化庁メディア芸術祭 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56900251

この記事へのトラックバック一覧です: 名大など、「先天性血小板減少症」の原因となる遺伝子変異を発見:

« 世界初、生活支援ロボットのISO/DIS 13482認証が実現 | トップページ | 勝手に入るゴミ箱 - 文化庁メディア芸術祭 »