« 脳梗塞回復期におけるグリア細胞の働きの解明 | トップページ | 脂肪のもとで乳房再生 鳥取大5人に、がん切除部に移植 »

2013年3月21日 (木)

がん幹細胞の撲滅による新しいがん治療法の開発に成功

平成25年3月19日
科学技術振興機構(JST)
九州大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
ポイント
○がん細胞の根源であるがん幹細胞は
 ほとんど増殖しない冬眠状態のため、
 抗がん剤が効かない。
 
○冬眠の維持に必要なたんぱく質
 「Fbxw7」を無力化すると、
 がん幹細胞が眠りから覚めて、抗がん剤
 で死滅することを発見。
 これを「静止期追い出し療法」と命名。
 
○白血病をはじめとする多くのがんの
 根本治療の実現に期待。
 
 
-------
 JST 課題達成型基礎研究の一環
として、九州大学 生体防御医学研究所の
中山 敬一 主幹教授らは、細胞周期を
調節するたんぱく質であるFbxw7を
抑制することによって、がん幹細胞を
直接たたき、生存率を大幅に改善させる
ことに成功しました。
 
 近年、がん研究においては「がん幹細胞」
が注目されています。
 
 「がん幹細胞」自体は非常に数が少なく、
それ自体はほとんど増殖しません
(冬眠状態=静止期)。
 
 しかしその子孫である「がん細胞」は
急速に増殖し、最終的に生命を脅かします。
 
 従来の抗がん剤や放射線療法は、
この急速に増殖する「がん細胞」を一時的
に殺すことができても、あまり増殖しない
「がん幹細胞」にはほとんど効果が
ありません。
 
 治療後に残存したがん幹細胞から再び
がん細胞が生じ、再発や転移を引き起こす
と考えられるため、がんの根本的な治療
にはなっていませんでした。
 
 つまり、がんを完全に治療するためには、
このがん幹細胞を根本的にたたく方法の
開発が必要ですが、がん幹細胞が静止期
にある基本的なメカニズムが明らかに
なっていなかったため、効果的な治療法
がありませんでした。
 
 本研究チームは、がん幹細胞が静止期に
とどまる機構を明らかにし、その中心的な
たんぱく質Fbxw7を発見しました。
 
 実際に慢性骨髄性白血病モデルマウスで
人工的にFbxw7を欠損させると、
白血病のがん幹細胞が静止期から
追い出され、増殖が再開して抗がん剤で
死滅しました。
 
 つまり「Fbxw7の抑制」
+「抗がん剤」の併用により、治療後の
再発を減少させ、生存率を大幅に改善
させることに成功しました。
 
 このがん幹細胞を撲滅する新方法を
「静止期追い出し療法」と命名しました。
 
 本研究は、Fbxw7ががん幹細胞の
増殖を抑制し、治療抵抗性の原因となって
いることを示した初めての報告です。
 
 Fbxw7の働きを抑える阻害剤が
実現すれば、がん根治療法を実現すること
が期待されます。
 
 本研究成果は、2013年3月18日
(米国東部時間)に米国科学雑誌
「Cancer Cell」の
オンライン速報版で公開されます。
--------------------------------------
 
 素晴らしいですね。
 
>がん根治療法を実現することが期待
>されます。
 
 と言ってます。
 
 大いに期待したい。
 再発無しに出来ると、

|

« 脳梗塞回復期におけるグリア細胞の働きの解明 | トップページ | 脂肪のもとで乳房再生 鳥取大5人に、がん切除部に移植 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57003278

この記事へのトラックバック一覧です: がん幹細胞の撲滅による新しいがん治療法の開発に成功:

« 脳梗塞回復期におけるグリア細胞の働きの解明 | トップページ | 脂肪のもとで乳房再生 鳥取大5人に、がん切除部に移植 »