« ホットスポット探査システムの開発に成功 | トップページ | 著作権保護が行きすぎるとハードの修理も難しくなる »

2013年3月28日 (木)

アルツハイマー病原因物質、血液から検出可能 島津の田中氏ら

2013/3/27 日本経済新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
有料記事です。
 
--------------------------------------
 島津製作所の田中耕一フェローの
研究グループは、血液の中にわずかに
含まれるアルツハイマー病の原因物質を
検出する技術を開発した。
 
 ノーベル化学賞を受けた質量分析技術を
発展させ、ほかの成分があっても正確に
見分ける。
 
 今後数年の研究で原因物質の量と発症の
関係が明らかになれば、早期診断や新薬の
効果を見極める有力な手立てとなる。
 
 治療研究が大きく前進する可能性が
出てきた。
--------------------------------------
 
 素晴らしいですね。
 大いに期待したい。

|

« ホットスポット探査システムの開発に成功 | トップページ | 著作権保護が行きすぎるとハードの修理も難しくなる »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57050144

この記事へのトラックバック一覧です: アルツハイマー病原因物質、血液から検出可能 島津の田中氏ら:

« ホットスポット探査システムの開発に成功 | トップページ | 著作権保護が行きすぎるとハードの修理も難しくなる »