« スパコン「京」によるIT創薬 100億通りの創薬データベース開発 | トップページ | 緑茶、コーヒーが脳卒中リスク減 飲まない人より2割 »

2013年3月15日 (金)

肺炎の進展を阻止する新たな分子の発見

2013/03/12
東京大学大学院農学生命科学研究科
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
---------------------------------------
発表のポイント
・肺炎が起こった時に産生されるプロスタ
 グランジンD2という物質が、肺血管の
 透過性を抑えることで炎症を強力に抑制
 することを発見した。
 
・肺炎を起こしたマウスに、プロスタ
 グランジンD2受容体の作動薬を投与する
 と、その症状(炎症と致死率)が改善
 された。
 
・本結果はこれまでにない、新しい肺炎
 治療薬の開発につながる可能性がある。
 
 
-------
 肺炎は細菌やウイルスが肺に感染して
炎症を起こす病気であり、がん、心臓病、
脳卒中に続く日本人の主要な死亡原因
である。
 
 この病気は特に高齢者や慢性疾患患者が
かかりやすく、治療が難しい。
 
 病態の進行を止める目的で、抗菌剤など
が治療に用いられているが、炎症が悪化
して肺に水が溜まってしまう(肺水腫)
と治療はさらに難しくなるため、新しい
治療法の開発が求められている。
 
 東京大学大学院農学生命科学研究科の
村田幸久助教らの研究グループは、肺炎が
おこった時に産生される
プロスタグランジンD2 (PGD2)(注1)
という物質が、肺血管のバリア機能を
強めることで、炎症を強力に抑える作用
をもつことを発見した。
 
 さらに、このシグナル(受容体)を
刺激する薬を投与することで、マウスの
肺炎症状を改善し、その死亡率を改善する
ことに成功した。
 
 本研究成果は血管を標的とした新しい
肺炎治療薬の開発につながる可能性が
ある。
---------------------------------------
 
>日本の肺炎による死亡率はがんや
>心筋梗塞、脳梗塞に次いで第4位であり、
>非常に高いため、注意が必要な疾患で
>ある。
 
 そうですね。
 
>炎症を効率的に抑える新薬の開発が
>求められている。
 
 今回の(PGD2)は良さそうです。
 
 治験を始められるようになるのは
いつ頃でしょうか?

|

« スパコン「京」によるIT創薬 100億通りの創薬データベース開発 | トップページ | 緑茶、コーヒーが脳卒中リスク減 飲まない人より2割 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56959831

この記事へのトラックバック一覧です: 肺炎の進展を阻止する新たな分子の発見:

« スパコン「京」によるIT創薬 100億通りの創薬データベース開発 | トップページ | 緑茶、コーヒーが脳卒中リスク減 飲まない人より2割 »