« 災害救命救急現場を支援する「電子トリアージシステム」 | トップページ | チェルノブイリの教訓、翻訳 »

2013年3月26日 (火)

燃料電池は、すべてが量子反応のデバイスだった!―究極のエコ電池開発への大きな一歩―

2013年3月1日
大阪大学研究成果リリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 大阪大学大学院工学研究科の笠井秀明
教授らの研究グループは、原子核に古典論
を用いた従来の第一原理計算の限界を突破
するために、固体表面での世界初の
水素反応量子ダイナミクス理論(笠井理論)
を提唱し、数々の成果を上げてきました。
 
 その後、「量子ダイナミクス理論
(Naniwa)」は水素以外の元素および
固体内部に拡張され、
超高速計算アルゴリズムを搭載した
「量子第一原理計算(Hyper-Naniwa※2)」
として確立し、その応用範囲は一挙に拡大
しました。
 
 今回、これらの成果を究極のエコ電池
として期待されている固体高分子形燃料電池
〔PEFC〕に適用し、燃料電池内の反応すべて
が量子反応であることを突き止め、
これに基づく燃料電池の知的設計手法の構築
に成功しました
(関連特許:出願8件、うち国内登録が2件、
米国登録が1件)。
 
 本成果は、水素・燃料電池の研究開発と
製造技術に関する
第9回 国際 水素・燃料電池展
(9th Int'l Hydrogen & Fuel Cell Expo)
の研究発表大会(2月28日)とポスター展示
(2013年2月27日~3月1日)にて発表
されます。
--------------------------------------
 
 難しいですね。
 
>本研究により、燃料電池の
>反応メカニズムはトンネル効果が本質的
>に寄与するものであり、燃料電池とは
>最先端の量子反応デバイスであることが
>明らかになりました。
>しかも、質量が非常に小さく量子効果が
>顕著に現れる水素だけではなく、
>酸素の量子効果をも考慮する必要性が
>明確になりました。
>これらの成果を利用して燃料電池を
>設計・開発するならば、
>高性能・ローコストな究極のエコ電池が
>実現可能になり、省エネルギー
>・低炭素社会の実現に大きく貢献すると
>思われます。
 
 だそうです。期待しましょう。
 従来の燃料電池はすごく高価ですから、

|

« 災害救命救急現場を支援する「電子トリアージシステム」 | トップページ | チェルノブイリの教訓、翻訳 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57037213

この記事へのトラックバック一覧です: 燃料電池は、すべてが量子反応のデバイスだった!―究極のエコ電池開発への大きな一歩―:

« 災害救命救急現場を支援する「電子トリアージシステム」 | トップページ | チェルノブイリの教訓、翻訳 »