« 六価クロム:基準3000倍…公園の排水溝 東京・江戸川 | トップページ | 日焼けの原因となる遺伝子を発見!~進む日焼けメカニズム研究~ »

2013年3月31日 (日)

福島第一の停電、PHS不通が復旧遅れの一因

2013年3月29日 読売新聞
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 東電によると、仮設配電盤の置かれた
3号機周辺ではPHSがつながらない場所
がある。
 復旧の作業員は、事故対応拠点の
免震重要棟へ連絡するのに、通信可能な
場所に移動しなければならず、対応に
手間取ったという。
 会合で東電は「放射線量が高い場所は
アンテナが設置できず対策はできて
いない。
 仮設配電盤の近くも線量が高く、
通信方法は検討中」と説明した。
--------------------------------------
 
 お粗末。
 
 不安ですね。

|

« 六価クロム:基準3000倍…公園の排水溝 東京・江戸川 | トップページ | 日焼けの原因となる遺伝子を発見!~進む日焼けメカニズム研究~ »

社会関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57074520

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一の停電、PHS不通が復旧遅れの一因:

« 六価クロム:基準3000倍…公園の排水溝 東京・江戸川 | トップページ | 日焼けの原因となる遺伝子を発見!~進む日焼けメカニズム研究~ »