« 見えないものを見る 最先端の赤外線光学技術 | トップページ | 六価クロム:基準3000倍…公園の排水溝 東京・江戸川 »

2013年3月31日 (日)

再生医療向け培養細胞の品質管理技術を開発

2013年3月26日
独立行政法人新エネルギー
・産業技術総合開発機構
国立大学法人名古屋大学
プレスリリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 NEDOの若手グラント
(産業技術研究助成事業)の一環で、
名古屋大学の加藤竜司准教授と
株式会社ニコン等の研究チームは、
これまで染色するなど細胞を破壊する方法
でしか数値化ができなかったヒト間葉系
幹細胞の分化度*1を、培養した細胞の
顕微鏡画像をコンピュータ解析するだけで、
非破壊的・定量的な評価と事前予測を可能
にする技術を開発しました。
 
 今回の技術開発により、骨再生治療*2の
分野で約2~3週間かけて行う分化培養の
成功率*3を、日々の細胞画像の情報から
高い精度で予測することが可能となります。
 
 また、医師の多大な労力と時間を投じて
準備する必要があった治療用細胞の
品質管理が、画像撮影だけで自動化できる
とともに、再生治療の効果が最大化する
最適な治療日の設定が可能となります。
--------------------------------------
 
>治療用細胞の品質管理が、画像撮影
>だけで自動化できるとともに、
>再生治療の効果が最大化する
>最適な治療日の設定が可能と
>なります
 
 素晴らしいです。
 
 再生医療どんどん進歩しますね。

|

« 見えないものを見る 最先端の赤外線光学技術 | トップページ | 六価クロム:基準3000倍…公園の排水溝 東京・江戸川 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57073845

この記事へのトラックバック一覧です: 再生医療向け培養細胞の品質管理技術を開発:

« 見えないものを見る 最先端の赤外線光学技術 | トップページ | 六価クロム:基準3000倍…公園の排水溝 東京・江戸川 »