« えのきヨーグルト発売 県農協直販と信大開発 | トップページ | スパコン「京」によるIT創薬 100億通りの創薬データベース開発 »

2013年3月14日 (木)

工学研究科の北川准教授らの研究グループは高品質なバイオ燃料連続製造装置を完成させました

2013年3月14日 東北大学
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画があります。
 
---------------------------------------
 化学工学専攻の北川准教授らの
研究グループは、どんな原料からも
高品質なバイオ燃料(バイオディーゼル)
を連続製造できる画期的な装置を完成
させました。
 
 技術のポイントは、固体触媒として汎用
のイオン交換樹脂を用い、その反応触媒能
と物質吸着能を同時に発現させることで、
すべての油成分をバイオディーゼルに変換、
かつ、不純物の除去を達成した点です。
 
 その結果、反応器に原料を通すだけの
簡便な操作で高品質燃料の連続的な製造を
実現し、さらに、運転用ソフトウェアも
併せて開発することで全自動運転を可能と
しました。
---------------------------------------
 
 動画を見るとわかりやすいですね。
 
 良さそうです。
 
 「どんな原料からも」というのがミソ。
 
 大豆とか、トウモロコシなどの食料から
作るのは問題ありです。

|

« えのきヨーグルト発売 県農協直販と信大開発 | トップページ | スパコン「京」によるIT創薬 100億通りの創薬データベース開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56953319

この記事へのトラックバック一覧です: 工学研究科の北川准教授らの研究グループは高品質なバイオ燃料連続製造装置を完成させました:

« えのきヨーグルト発売 県農協直販と信大開発 | トップページ | スパコン「京」によるIT創薬 100億通りの創薬データベース開発 »