« 生体に近い3次元構造組織の構築に向け、細胞の積層や集積を制御するブックマーク | トップページ | 再生医療向け培養細胞の品質管理技術を開発 »

2013年3月30日 (土)

見えないものを見る 最先端の赤外線光学技術

2013年3月27日 Science Channel
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
動画です。
 
--------------------------------------
 赤外線の歴史は古く、その発見は
1800年頃にさかのぼります。
 
 身近な場所でも様々に利用されています
が、基礎科学分野でも産業応用においても、
赤外線を利用した最先端技術の開発も
盛んに行なわれています。
 
 その中から、広島大学における
可視赤外線同時観測装置HONIRと
産業技術総合研究所での
赤外線カラー暗視カメラを紹介します。
出演者名・所属機関名および協力機
--------------------------------------
 
>広島大学における可視赤外線
>同時観測装置HONIR
 面白いです。
 
 ユニークな観測装置なんですね。
 
>産業技術総合研究所での赤外線カラー
>暗視カメラ
 は以前投稿しました。
 これもユニーク。
 

|

« 生体に近い3次元構造組織の構築に向け、細胞の積層や集積を制御するブックマーク | トップページ | 再生医療向け培養細胞の品質管理技術を開発 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57067874

この記事へのトラックバック一覧です: 見えないものを見る 最先端の赤外線光学技術:

« 生体に近い3次元構造組織の構築に向け、細胞の積層や集積を制御するブックマーク | トップページ | 再生医療向け培養細胞の品質管理技術を開発 »