« チェルノブイリの教訓、翻訳 | トップページ | iPS:赤血球量産の技術開発 輸血用血液製造に期待 »

2013年3月27日 (水)

40年来の論争に幕 細胞内の清掃マシーン「オートファゴソーム」の生成場所を特定!―さまざまな病気を防ぐために細胞が持つ機能の理解が前進―

2013年3月4日
大阪大学研究成果リリース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 大阪大学大学院生命機能研究科
/医学系研究科の濱﨑万穂助教と
吉森保教授ら及び同歯学研究科の
古田信道助教と天野敦雄教授らの
合同チームは、細胞内のオルガネラの一種
オートファゴソームが別のオルガネラ
であるミトコンドリアと小胞体が接触する
場所で造られていることを発見しました。
 
 オートファジー(自食作用)とは、
細胞の中を掃除することで
アルツハイマー病やがん、心不全などの
病気が起こるのを防ぐ仕組です。
 
 オートファジーは、オートファゴソーム
と言うミクロの装置(オルガネラ)が、
必要に応じて細胞の中で幾つも造られて
清掃マシーンあるいはロボット掃除機
のように働きます。
 
 この、オートファゴソームがどこで
造られているのかは40年来の謎でしたが、
今回の研究成果によって、
異なるオルガネラが協力して他の
オルガネラを産むというこれまで
知られていなかった現象が明らかに
なりました。
 
 生産場所が特定されたので、
オートファゴソームの生産をコントロール
し病気を治療する薬剤を探したり
設計したりしやすくなりました。
 
 本研究成果は英科学誌「ネイチャー」
(電子版)に、ロンドン時間の
平成25年3月3日18時
(日本時間の平成25年3月4日午前3時)
に掲載されます。
--------------------------------------
 
>オートファジー研究は、日本が世界を
>リードする分野の1つ。
>論文被引用数の個人別世界ランキング
>の5位までが全て日本人(吉森は3位)。
>論文別世界ランキングでも、10位以内の
>5つの論文が日本人によるもの
>(第2位は吉森の論文)。
>オートファジー研究のパイオニアである
>大隅良典東京工業大学教授は、
>昨年京都賞を受賞し、ノーベル賞の
>呼び声も高い。
 
 オートファジー研究では日本が世界を
リードしているのですね。
 
>この発見は医学的インパクトも大きい
>ものです。
>上記のようにオートファジーは様々な
>病気、それも神経変性疾患、がん、
>生活習慣病といった社会的に重要な病気
>が起こるのを防いでいますが、
>加齢や過栄養などでオートファジー能力
>が低下するとそれらの病気が起こり
>やすくなります。
>オートファジーを促進する薬剤があれば、
>予防治療に有効です。
>しかし、現在オートファジーに良く効いて
>副作用の少ない薬は知られていません。
>オートファゴソームができる場所が
>判ったので、そこで働くタンパク質に
>作用する薬剤を作ればそのような効果の
>高い薬が得られる可能性があります。
 
 さらなる進展に大いに期待したい。

|

« チェルノブイリの教訓、翻訳 | トップページ | iPS:赤血球量産の技術開発 輸血用血液製造に期待 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57043107

この記事へのトラックバック一覧です: 40年来の論争に幕 細胞内の清掃マシーン「オートファゴソーム」の生成場所を特定!―さまざまな病気を防ぐために細胞が持つ機能の理解が前進―:

« チェルノブイリの教訓、翻訳 | トップページ | iPS:赤血球量産の技術開発 輸血用血液製造に期待 »