« 染色体工学の新たな幕開け! 高等動物のセントロメア作製に成功 | トップページ | 見えないものを見る 最先端の赤外線光学技術 »

2013年3月30日 (土)

生体に近い3次元構造組織の構築に向け、細胞の積層や集積を制御するブックマーク

2013年3月28日
naturejapanjobs 特集記事
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 iPS細胞の登場などで、組織の再生や
臓器の機能の代替といった再生医療への
注目が集まっている。
 
 またヒトの細胞を用いるヒト組織モデル
は薬の効果・副作用、毒性の判定、疾患の
研究などに使えるとして期待が高い。
 
 ただ、細胞は単に並べただけでは培養
しても積層しないため、“細胞”だけでは
なく、“足場となる細胞外マトリックス
(ECM)”や “細胞を育てる因子
(細胞増殖因子や薬剤など)”が3次元
構造組織構築の鍵を握るとされている。
 
 大阪大学 大学院工学研究科 応用化学
専攻 分子創成化学の明石満教授、
松崎典弥助教らの研究グループは、
この3次元構造組織の実現に向けて、
大きな成果を上げている。
--------------------------------------
 
 3次元構造組織の構築は難しいと
思います。
 
 再生医療も3次元の時代に入って
来ました。
 
 がんばれ!

|

« 染色体工学の新たな幕開け! 高等動物のセントロメア作製に成功 | トップページ | 見えないものを見る 最先端の赤外線光学技術 »

医療関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/57066145

この記事へのトラックバック一覧です: 生体に近い3次元構造組織の構築に向け、細胞の積層や集積を制御するブックマーク:

« 染色体工学の新たな幕開け! 高等動物のセントロメア作製に成功 | トップページ | 見えないものを見る 最先端の赤外線光学技術 »