« 排熱から電気をつくる「熱発電チューブ」の発電検証を開始 | トップページ | 放射性セシウムの特殊な吸着挙動を解明 »

2013年3月19日 (火)

水深1万メートル超での海底地震計

2013年3月15日
サイエンスポータル編集ニュース
 
詳細は、リンクを参照して下さい。
 
--------------------------------------
 海洋研究開発機構は、
水深11,000メートルまでの深海海底に
設置可能な“超深海型”の海底地震計を
開発し、宮城県沖の日本海溝海域で
性能通りの観測データを得たことを発表
した。
 
 これまでの海底地震計は、耐圧性能の
問題から、水深6,000メートルより深い
海底では観測できなかった。
 
 今後は、地球上の全ての海域で観測が
可能になるという。
--------------------------------------
 
 素晴らしい。
 地震国日本では必須の測定器。
 
 関連リンクです。
平成25年3月14日
独立行政法人海洋研究開発機構
日本海洋事業株式会社

|

« 排熱から電気をつくる「熱発電チューブ」の発電検証を開始 | トップページ | 放射性セシウムの特殊な吸着挙動を解明 »

科学関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/210730/56988636

この記事へのトラックバック一覧です: 水深1万メートル超での海底地震計:

« 排熱から電気をつくる「熱発電チューブ」の発電検証を開始 | トップページ | 放射性セシウムの特殊な吸着挙動を解明 »